タグ:バーレーワイン ( 46 ) タグの人気記事
寒い日にはぬるい温度でバーレーワイン
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?


昨日から天気があやしかったのですが、今日はちょっと冷え込みました。
いつもなら綺麗な色の空が見える時間ですが、今日は曇り。
お義母さんに送ってもらった梅昆布茶が今日到着したので、早速それを飲みながら更新しています。
ありがとう、おかあさん!


今日はちょっと寒かったので、このビール。
b0081504_11141852.jpgビール名:Big foot 2007
原産地:アメリカ合衆国カリフォルニア州チコ
ブリューワリー:Sirra Nevada Brewing
アルコール度数  9.6%
量 : 500ml
スタイル : バーレーワイン

バーレーワインを室温で飲みました。
熱燗まではいかないけど、ぬるめでおいしいし、アルコールもカーっと来るのであったまる。
そういやホットで飲むビールというのもあるらしいですね。いつか飲んでみたい。

相変わらずおいしいです。ビッグフット。
甘み、酸味、アルコールがせめぎあう。
ちょっとずつ舌にのせて、ゆっくり楽しみました。



それではみなさん、よいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ6位近辺キープしています。
更新の励みとなっていますー!
[PR]
by moribeer | 2007-05-03 12:02 | アメリカ産
ビールで料理 ツナ缶で簡単に
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?


連休、楽しんでますか?
人出が多くて大変ですか?そうですか。

僕は今日も働きました。
悔しいから一日くらい休みとろうかと考え中。
嘘です、別に悔しくはないけど、そろそろひと休みしてもいい頃かと思っただけです。


外は相変わらず8時とは思えない明るさで、デザートとデザートビールを楽しみながらパソコンに向かっています。
窓からの風が気持ちよい。


しつこく続きます。「ビールで料理」


b0081504_11161146.jpgRocky Mountain High Marinated Tuna

先日のCOORS LIGHTの煮込みキャベツとその汁を使って、ツナ缶を丸二日つけ込みました。

上に見える粒はコリアンダーの実です。

食べるときにソースを色々試してみました。写真に見えているバルサミコ酢の煮詰めたもの、粒マスタード、醤油など。
醤油が一番美味しかったりして・・・。やはり日本人の舌は隠せません。

ハチミツ、ビール、コリアンダーなど香りが複雑で楽しかったです。

(指導、盛りつけby妻ちゃんです)



b0081504_1129780.jpg食事のおともは、今日もモリビール5(ヘフェヴァイツェン)。

さっぱりして、クイクイと飲めてしまう・・・。

この夏、手放せないビールになりそうです。





食後のデザートビールはこちら。(今も飲みつつ更新していたりして)

b0081504_11312158.jpgビール名:Theakston Old Peculier
原産地:UK ノースヨークシャー Ripon
ブリューワリー:T & R Theakston
アルコール度数  5.7%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : Old Ale

濃い色ですねー。
バーレーワインみたい。きれいな焦げ茶。

色の割には味はあっさりめ。あまり甘みはありません。ホップの香りも飛んじゃってるのかな?
熟成した木の香り、酸味が印象的。




今日もビールを楽しみました。
みなさんも、よいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

記事を読んで飲みたくなったら、にほんブログ村 酒ブログへクリックしてください。
みなさんの応援のおかげで、4位近辺キープしています。
更新の励みとなっていますー!
[PR]
by moribeer | 2007-05-01 11:51 | ビール料理
いろいろありましたが・・・
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

更新、さぼってました。
飲むのに忙しくて(笑)


木曜日はこれを。
b0081504_137152.jpgビール名:FRED from the wood
原産地:アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Hair of the Dog
アルコール度数  10%
量 12 oz
スタイル アメリカンバーレイワイン

職人、アランさんのビール。

このビールのスタイルはなんだっけなー、と思って、最近よく使うbeer advocateのデータベースで調べてみると、なんとバーレーワインだったのか。


とても複雑な味がします。
ハチミツっぽい香り、アルコールの香り、よくわからないスパイスのような香り。
樽で寝かせたやつなので、木の香りも。
舌の上に乗せて、香りを楽しみました。
実は1時間くらいかけて飲みました。

好きだなー。これ。もう一本くらい残っていなかったかなー??



そして、金曜日は酒好きJちゃん宅にお招きの日でした。
丁寧なお料理の数々、おいしいお酒の数々、あたたかい心づくしの数々。
とても楽しく過ごしましたー。
ビールもたくさん飲んだのですが、写真には撮っていません。

(私信)Yっち、言い忘れたんだけど、「昆布茶」ありがとう。毎日飲んでます。おいしいよ。



そして、土曜日は車で1時間半ほどかけてTwin Fallsという街に探検をしに。

妻ちゃんのお目当てはアンティークショップ。

僕のお目当ては・・・・・・



b0081504_13205064.jpgやっぱ、地元のブリューワリー、チェックしておくでしょー!!

遠征、遠征!



が、しかーし!!






b0081504_1323059.jpgなんじゃ、こりゃー。


な、なんと。店、たたまれてるし!


b0081504_1325655.jpg

町中に、一件、にぎやかで、はやってそうなビアパブがあり、非常に興味をそそられたのですが、時間の関係上ここには立ち寄れず。
次回くることがあれば立ち寄りたいです。




そんな無念を抱きつつ、本日日曜日は待望のモリビール5(ヘフェヴァイツェン)の試飲をしてみました。


b0081504_1327516.jpgじゃじゃーん。

こんな外観。
期待していたより、ちょっと色が濃いかなー?
濁っているのはヴァイツェンだからいいんです。濾過してないから、ほかのビールもいつも濁ってます。

瓶詰めしてからまだ2週間たたないくらいなので、炭酸はあるものの、泡はほとんど立たず。もうちょっと寝かせておかないといけない。

鼻を近づけてみます。ホップの香りはほとんどせず。いいんです、そういうスタイルなんです。
そのままちょっと口をつける。炭酸はちゃんとある。アルコールも感じる。少し甘い。
うん、悪くない感じです。


レモンを入れて飲んでみました。

おお、これは。爽やか。僕が欲しかったのは、こんな爽快感を与えてくれるビールだ。

レモンを入れて、ビールの味を若干ごまかしている気がしないではないですが、レモンを入れて飲んだら、すっかりヘフェヴァイツェンの味でした。

あとは、泡が出来るのを待つのみといったところかな。

どうやったらもう少し薄い色のビールになるのかな??


いろいろありましたが、最後にちゃんとモリビール5の試飲ができて安心した週末でした。



みなさん、応援ありがとうございます。
おかげさまでにほんブログ村 酒ブログへで現在5位です。
励みになっております。


それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-04-16 13:41 | ビール作り
飲み飲み水曜日。←毎日やんけ!
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?


難航していた仕事のトラブルもなんとなく解決に向かってきた模様。
もうひとふんばりです。

明日、明後日とジャズフェスに行く予定なので、ほっとしました。


さて、帰宅すると、またもやサプライズ。


b0081504_13362893.jpgシメイのホワイトが!

またもや妻ちゃんのサプライズプレゼントなのでした。

なんでも、「シメイのグラス買ってから、まだシメイ飲んでないようだったから」という理由らしい。

なんとうれしいことをしてくれるのでしょうか。ありがとう。

夕食前にうだうだと飲みました。空きっ腹に8%は回るかも。いい気分。ウマー!
この苦さは・・・この香りは・・・。
舌や口蓋の上のところがワックスみたいにつるつるします。なんかおかしいですか?僕の感想は。


b0081504_1337219.jpgflag porter

夕食時にはこれを。
イギリスのポータ−です。
World Beer Championshipで94ポイントの金賞、と書いてあります。

ロースト香と甘さの際立つビールでしたー。(短い感想だな)



b0081504_13374090.jpgちなみにこのポーター、王冠の上に原材料名が書いてありました。珍しいよね。



b0081504_13382138.jpgそのあとは、結構あれこれとつまみをつまんで飲みました。

Sierra Nevadaのbig foot(の王冠)

バーレーワイン、やっぱ好きだわー。




b0081504_13384636.jpgSierra Nevadaのbig footの王冠(の裏)

雪男(左)とたき火を囲む二人の男の絵が描いてあります。わかります?小さすぎ?




うーん、たくさん飲んだあとに更新しているので、適当です。
ごめんなさい。

今日もビールを楽しみました。

それではみなさん、よいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。(クリックしてくれるとうれしいな)

おやすみなさい。
[PR]
by moribeer | 2007-04-05 13:51 | ベルギー産
冬のビール バーレーワイン
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

久しぶりにまじめにビール記事を書きます。

今日は地ビール共同購入サイト、ビアフェスタさん

月例トラックバックイベントテーマで、「冬のビール」というお題です。


冬のビールと言えば、アメリカのマイクロブリューワリーでは、アルコール度数高めのシーズナルエールがたくさん発売されます。

この冬、個人的に思い出深かったのは、年末にやったサミュエルアダムス飲み尽くし一人忘年会なのですが、今日はそれではなく、僕の好きなスタイルの「バーレーワイン」についてです。


みなさんは「バーレーワイン」というスタイルのビールを飲んだことがありますか?
麦のワインと呼ばれるほど芳香でどっしりとした高アルコール度数のビールです。

12月から2月くらいにかけて、アメリカのマイクロブリューワリーがこのスタイルのビールを発売します。

これを冷蔵庫から出して一時間くらいぬるくしたところで、口の広いグラスに入れて飲むのが、お気に入りの飲み方です。

アルコールも高めですが、それにあわせてホップも強めなので、飲んでいると匂いとアルコールでなんとも夢気分になれます。

日本の地ビールで美味しいバーレーワインは、博石館の「スーパービンテージ」というものらしいです。(kanappy推薦)。
いつか飲んでみたいな。

味ももちろん美味しいのですが、バーレーワイン、見た目もルビー色というか綺麗な赤銅色で、見ているだけでも幸せになります。嘘です。飲まなきゃ幸せになりません。

それでは、僕がこれまで飲んだバーレーワインの紹介をします。

b0081504_12335929.jpgビール名:Old Guardian 2007
原産地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州Escondido
ブリューワリー:Stone Brewing
量 : 22oz (650ml)
アルコール度数:11.26%
スタイル:バーレーワイン


b0081504_12343041.jpgBigfoot
原産地 アメリカ カリフォルニア州チコ
ブリューワリー Sierra Nevada brewery
アルコール度数  9.6%
量 12 oz (355ml)
スタイル  バーレーワイン

2月あたりから出回ります。
ビール初心者の頃はキンキンに冷して、なんだか甘くて飲みにくいビールだと文句を言っていました。


b0081504_12352171.jpgHog Heaven
原産地 アメリカ コロラド州ボールダー
ブリューワリー Avery brewing
アルコール度数  9.2%
量 22 oz (650ml)
スタイル  バーレーワイン

豚が飛ぶ天国のような気分。
なんとなくわかるような。



b0081504_12543466.jpg]ビール名:Dick's barley wine ale
原産地:アメリカ合衆国 ワシントン州セントラリア
ブリューワリー:Dick's brewing
アルコール度数  10.0%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン

結構マイナーですが、好きです。Dick's。
バラエティーパック12本の中の1本がこれ。
お得です。



b0081504_12384870.jpgビール名:Rogue XS Old Crustacean Barleywine
原産地:アメリカ合衆国 オレゴン州 ニューポート
ブリューワリー:Rogue Beer
アルコール度数  11.5%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2004年

ローグのバーレーワインはこの小さいやつと、他にはでかい黒い陶器の瓶に入ったのがあります。おっきい方、飲んでみたいな。



b0081504_12394639.jpgビール名:Dick's barley wine ale
原産地:アメリカ合衆国 ワシントン州セントラリア
ブリューワリー:Dick's brewing
アルコール度数  10.0%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン

さっきのDick'sとはラベルが違いますね。
バーレーワインはシーズナルものなので、たいてい製造年が書いてあります。



b0081504_12411930.jpgRudyard's Rare
原産地 アメリカ ワシントン州 シアトル
ブリューワリー Hale's Ale brewing
アルコール度数  9.2%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン
2005年12月発売

気難しそうなおじさんの横顔。
だいたい"OLD"なんとかってネーミングとか、おじさんの絵とか、そんなのが多いです。バーレーワイン。


b0081504_12422937.jpgDoggie Claws
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Hair of the Dog
アルコール度数  10.5%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン
2005年

アランさんのビール。
実はマグナムサイズでも購入してあります。
現在寝かせているところ。


b0081504_12435748.jpgOld Godfather
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ
ブリューワリー Speakeasy brewing
アルコール度数  10.2%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン

サンフランシスコのブリューワリー。
あまり見かけませんね。
バーレーワイン以外のビールもたいてい高アルコールだったような気がします。



b0081504_1252561.jpgビール名:Old Boardhead Barleywine Ale
原産地:オレゴン州フッドリバー
ブリューワリー:Full Sail brewing
アルコール度数  9.0%
量 : 22oz (650ml)
スタイル : バーレーワイン

お気に入りバーレーワインの一つ。フルセイル。
今年の写真がなぜか見つからなかったので、去年のから。
今年は6本ほど買い置きして、倉庫で寝かせてあります。
もうちょっと欲しい気もする。



b0081504_12511094.jpgビール名:12th Anniversary Barleywine
原産地:ユタ州 ソルトレイクシティー
ブリューワリー:Uinta Brewing
アルコール度数  10.4%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2005年

このバーレーワインは季節限定ではなく、通年で販売されているみたいです。
Jちゃんに勧めたら気に入ってくれました。



b0081504_12555592.jpgOld Foghorn
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ
ブリューワリー Anchor brewing
アルコール度数  8-10%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン

日本でもおなじみのアンカーのバーレーワイン。
おいしいですよね、これも。
今年はアイダホには入ってきませんでした(涙)。
オレゴンに遊びにいくときに買わなきゃ。



以上、バーレーワイン達でした。

モリビール3も一応バーレーワインだったんですけど、並べるのはおこがましく自主規制してみました。

それではみなさん、よいビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-03-19 12:58 | アメリカ産
ダラスレポートの前に、Stoneのバーレーワイン
みなさん、こんばんは。すっかりサボリ癖のついた、モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

ダラスレポートを書かねば! と思っているうちに、数日が過ぎてしまいました。
いったん止まると、再び書き始めるのが億劫になってしまって・・・・。

とりあえず、何か更新する事から始めよう、ということで、最近飲んだビールから!

b0081504_14342444.jpgビール名:Old Guardian 2007
原産地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州Escondido
ブリューワリー:Stone Brewing
量 : 22oz (650ml)
アルコール度数:11.26%
スタイル:バーレーワイン




キター!
2月はバーレーワインの季節です。

わが町にもやっと来ました。Stoneのバーレーワインが。
おもわず6本まとめ買い。


綺麗な色、してるでしょー。カッパー色。
ホッピーで、甘みもあって、アルコールもガツーン。


飲んでて幸せです。
頭から脳内物質出てきます。


リハビリなんで、今日の記事はこの辺で。

それではみなさん、よいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-03-06 14:43 | アメリカ産
モリビール3瓶詰め 新兵器登場
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

いよいよ年の瀬、思い残す事のないようにビールを飲みましょう。


夕飯ビール。
b0081504_16271153.jpgビール名:Sparkling Ale
原産地:オーストラリア
ブリューワリー:Coopers Brewery
アルコール度数 ?%
量 : 12oz (350ml)


モリビール2で使ったモルトエキストラクトを作っているところでしょうか。
Coopersという名前が同じです。

見た目はゴールデン。澱がいっぱいグラスの中で泳いでいます。
なんともすっきりした味。ちょっと柑橘系の香り。ホップかな?
またいい加減なことをいいますが、モリビール1と2を足して2で割ったような味です。

食事の味を邪魔しない、そんな感じ。

ちなみに食事はこちら。
b0081504_16363487.jpgエビチャーハン。
なんか最近作る料理の味付けがどれもこれも似ていて、バリエーションが少なくて嫌です。

でも、いつもはもうちょっと焦げ気味になるので、今日は成功。




今日は予定通り、モリビール3の瓶詰めをしました!
新兵器登場です。おたのしみに。

b0081504_1643326.jpg今日はDick's のバーレーワインを飲みながらの作業です。



b0081504_16465969.jpg瓶の洗浄からです。
これが結構手間がかかる。
そのうちケグに詰めたいな、と考え中。


b0081504_16573985.jpg今回のプライミングシュガーは、グラニュー糖ではなく、コーンシュガーを使います。
あちこち探して見つからなかったのですが、ホームブリュー屋さんに置いてありました。コーンシュガーってあまり普通には扱われていないみたいです。
これを適量を適量の水に溶かし、10分ほど煮沸。そのあと、ビールの中に入れてよくかき混ぜます。

あとは瓶詰めするだけ!




b0081504_1640142.jpgそして、これが新兵器、「オートサイフォン」君です。

筒のなかに細い径のチューブがあります。先にはゴムがついています。



b0081504_1641353.jpgエイっと中の管を押し込むと、あら不思議。
ビールが上に昇ってきます。


b0081504_16412194.jpgいったん、ビールがてっぺんまで昇ったら、あとはサイフォンの原理で端っこのチューブからビールが出てくるのです。


b0081504_16414174.jpgちなみに端っこにはスプリング付きの弁がついていて、これを瓶の底に押し当てると弁が開いてビールが流れます。離すと自然にストップ。こりゃ便利!



b0081504_16421912.jpg次々ビールを満たしていきます。


b0081504_1753788.jpg瓶詰め完了ー!!

22oz(650ml)が8本、12ox(350ml)が16本できました。
どれくらい寝かしたら美味しくなるかなー?
1月末くらいが飲み時ではないかと、勝手に想像中。



今日も長いレポートを読んでいただきありがとうございます。

おかげさまでにほんブログ村、酒ブログで現在2位です。
やる気がでます。

今日もにほんブログ村 酒ブログへをクリックして、モリビールにみなさんの気を送ってやってください。
おいしく育つ事、うけあいです。

それではみなさん、よいビールを。
[PR]
by moribeer | 2006-12-29 17:15 | ビール作り
バーレーワイン 3種 飲み比べ
b0081504_1415840.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?
(はーい)
いいお返事です。

さて、今日はバーレーワイン特集、3種類。別々の日に飲んでいます。さすがにこれだけ連続は無理です。

ビール名:Dick's Barley wine ale
原産地:アメリカ合衆国 ワシントン州 セントラリア
ブリューワリー:Dick's brewing
アルコール度数  9.9%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン






まずはお気に入りのDick'sです。
以前、バラエティーパックが素晴らしい、としつこく褒めたブリューワリーです。
12本入で12種類ってすごいと思いません?(いまだにしつこい)
ここのビール、どれも苦めでおすすめです。

このバーレーワインはバラエティーパックには入っていませんでした。別途酒屋さんかスーパーで買ったものです。

外観はアンバー〜ブラウン。泡は茶色。
香りがいいです。とてもいいです。
バーレーワイン独特の苦甘い匂い。

飲んでみる。
炭酸は極めて弱いです。
そして、なによりやっぱり麦汁の甘い味わい。
これですよねーバーレーワインの楽しみは。
9.9%の高アルコール度数も、いい感じ。


みなさん、バーレーワインを飲む機会があれば、温度に注意してください。
キンキンに冷やすのではなく、冷蔵庫に入れていたら、飲む1時間前に出して温度を上げる、室温で保管していたのであれば、冷蔵庫で1時間くらい冷やす、というのが美味しくいただける適温だと思います。冷えすぎると、せっかくの甘みがよくわからなくなります。もし冷えすぎていたら、ゆっくり飲んで温度を上げましょう。だんだん甘みが増していくのが感じられますよ。
グラスは、先のすぼまった形のものが、匂いを味わうのに適していると思います。ワイングラスがあれば、それでもOK。


次いきます。

b0081504_1423856.jpgビール名:Rogue XS Old Crustacean Barleywine
原産地:アメリカ合衆国 オレゴン州 ニューポート
ブリューワリー:Rogue Beer
アルコール度数  11.5%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2004年


次はROGUEのバーレーワインです。
シアトルのBottleworksで購入。2004年のものです。
ここのお店で売っていたバーレーワインは、その年のものだけでなく、過去5年分くらいのバーレーワインがありました。すごかったよ。


普通のビールは鮮度が命なんですが、バーレーワインは数年置いた方がおいしく熟成されるらしいですよ。いつもすぐ飲んじゃうんで、あまり試した事ないんですが!

マイケルさんに勧められて買った、Hair of the dogの一升瓶サイズのバーレーワイン。昨日買った冷蔵庫にさっそく保管しました。数年後、なにかお祝い事の時に開封したいと思います。


さて、このビール。
外観はとても綺麗なアンバー色。この色みると、ウキウキ、ワクワクです。
匂いは、やはりバーレーワイン特有の甘い感じ。
口に含む。
なんか、匂いに反して、意外に苦い。苦みが舌にピリピリと刺激。
これが、2年の熟成のあらわれなんでしょうか?



最後はユタのこのビール。

b0081504_1425836.jpgビール名:12th Anniversary Barleywine
原産地:ユタ州 ソルトレイクシティー
ブリューワリー:Uinta Brewing
アルコール度数  10.4%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2005年


ユタ州、と聞くと、皆さん何を思い浮かべますか??
ケントデリカットさん?
それもそうなんですが、やっぱりモルモン教でしょう。



モルモン教といえば、禁アルコール、禁カフェイン。
そういう背景から、ユタ州ではアルコールに関する法律が他の州に比べて厳しいらしいです。
酒屋や、バーなんかで売られるビールのアルコール度数の上限は、なんと3.2%!!
ライトビールじゃないですか!そんなの。

だがしかし!なぜにこのブリューワリーはバーレーワインを作れるのか??
10.4%ですよ。大幅にオーバーしてるし。4倍以上。あれ、3倍以上。計算できませんでした。
不思議です。他の州で販売する分には、お咎めなし??

ここのブリューワリー、Great American Beer Festivalなんかでも毎年受賞するくらい、美味しいビールを作っているんです。地元の人はちゃんと楽しめているんだろうか??疑問です。
ユタ州在住の人、教えてください!

さて、どんなビールでしょう。
外観はやはりブラウン〜アンバーの赤黒い色。いい色出してます。
匂いはモルトの匂いが強い、甘めの匂い。
飲んでみると、
これは意外に甘過ぎず、飲みやすい。
甘いバーレーワインが飲みにくいかというと、そういうわけではなのですが、ボディーが他のバーレーワインに比べると軽め、初めてバーレーワインを飲むなら、抵抗なく飲めるのでは?ということです。

シーズナルのウィンターエールなんかも、甘いビール入門にはいいですよ。
(私信)Jちゃん、こないだ旦那さんと一緒に買いだしにいったDeshutesのウィンターエール、おいしいく飲めたなら、次はこのビールはどうでしょう??生協で売ってるよ。(/私信)


寒くなってきた今日この頃、高アルコール度数でぬるめのバーレーワイン、ウィンターエールなどでビールを楽しみましょう。


今日も長いレポートを読んでいただき、ありがとうございました。
お帰りの際は、→にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へをクリックしていただけると、うれしいです。
明日の更新の活力になっています。

それでは、みなさん、おやすみなさい。
良いビールを。
[PR]
by moribeer | 2006-10-20 15:11 | アメリカ産
最近飲んだ、バーレーワインたち
みなさん、こんにちは。モリビルです。
ビール、飲んでますか? そうですか。それは大変なにより結構です。

最近飲んだバーレーワインの振り返りをしたいと思います。

b0081504_1211216.jpgOld Foghorn
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ
ブリューワリー Anchor brewing
アルコール度数  8-10%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン

とても綺麗なアンバー色。この色を見るだけで胸ときめきます。
ワイングラスで飲むことが多かったのですが、このグラスは最近新調したゴブレットです。
Bridgeport brewingでバーレーワインを飲んだときに、このようなグラスで出てきたのを覚えていて、Pottery Barnというお店で買いました。一つ4ドル、そんなに高くなかったです。
さて、このビール、鼻を近づけるとさっそく甘い香りがします。
この匂いだけで、ご飯3杯いけるなー。
ご飯は嘘ですが、匂いをかいでいるだけで幸せ気分。

ちなみに、バーレーワインは普通のビールのように冷やしすぎると、甘み、匂いが味わえないので、冷蔵庫に入れていた場合は飲む1時間前くらいに出して、温度を上げる。常温保存していた場合は、飲む一時間前くらいに冷蔵庫に入れて、冷やしすぎない。というのが、僕の好きなバーレーワインの飲み方です。

味は、美味しいです。モルトの甘み、発酵したアロマティックな香り、口の中がいい匂いで充満され、鼻に抜けていく。至極の瞬間。
お気に入りになりそう。


b0081504_1213189.jpgRudyard's Rare
原産地 アメリカ ワシントン州 シアトル
ブリューワリー Hale's Ale brewing
アルコール度数  9.2%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン
2005年12月発売

こちらは、シアトル旅行でも行った、Hale's Aleのバーレーワイン。

Anchorのに比べると、色が濃い赤茶色といった感じ。
よく見ると小さな酵母が浮遊しているのが見えます。(写真ではちょっと見えませんが)。
飲んでみます。
甘さは普通のビールに比べたら甘いですが、バーレーワインにしてはそれほどでもない感じ。
よく言えば飲みやすいバーレーワインということになりましょうか。
僕個人的に言えば、もう少し香りも甘みも強い方が好きです。


b0081504_1355365.jpgOld Godfather
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ
ブリューワリー Speakeasy brewing
アルコール度数  10.2%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン

実はこれはそんなに最近飲んだビールではないのですが、ついでに紹介。
サンフランシスコ旅行に行ったときに買ったものです。

Speakeasyというブリューワリーのビール瓶には、二つの目がついています。
ブリューワリーのウェブサイトにいってみてください。これが、ここのロゴなんでしょうね。


ここのビール、バーレーワインじゃなくてもアルコール度数が高いのが多いです。
おそらく看板ビールと思われる、Double Daddy IPAは9.5%です。
6パックではなく、4本パックで売っています。
カリフォルニア、オレゴン、ワシントンあたりのスーパーで売っているのを見かけました。

これもとても綺麗なアンバー色をしていますね。
味は、ごめなさい。この頃はまだビールノートをつけていなかったので、写真だけです。
美味しかったのは間違いないです。



b0081504_136141.jpgDoggie Claws
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Hair of the Dog
アルコール度数  10.5%
量 12 oz
スタイル  バーレーワイン
2005年

最後はHair of the Dogです。
ポートランドに行ったときに買ったもの。
ドギークローズ。犬がサンタクロースの格好をしています。
だいたいバーレーワインは冬にリリースされることが多いみたいですね。
僕くらいでしょうか?夏からこんな濃いバーレーワインをウマいウマいとのんでいるのは。

みてください。写真でもくっきりとわかる、沈んだ酵母たちを。
そうなんです、これが典型的なここのビールの外観。
すごいですねー。

もうすぐ日本から買い付けにくる、マイケルさんとここのブリューワリーに見学に行く予定。
怖いような、楽しみなような・・・・。

このビールの味は、バーレーワインというよりは、カテゴリーとしては HOTD(Hair of the Dog)エールとしての個性の方が強かった覚えがあります。
唯一無二ですよ、ここのビールの味は。
[PR]
by moribeer | 2006-09-11 01:38 | アメリカ産
酒と笑いの水曜日 ビール倉庫から大放出
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか? 僕は、毎晩です。時には昼から。

さて、水曜日(先週。いつになったら現在に追いつくのだろうか)。

この日は、妻ちゃんの友達がうちに遊びにきました。彼女達は二人で昼間からダウンタウンの飲み屋で2杯ずつビールを引っ掛けてきたあとです。ちくしょう。いいなあ。

家に帰ると、すでにおつまみが準備されていた。

さー、3人で飲むか!

こんなん、飲みました。僕のビール。

b0081504_11442264.jpgDick's irish style Ale
原産地 アメリカ ワシントン州 セントラリア
ブリューワリー Dick's brewing
アルコール度数  5.2%
量 12 oz
スタイル アイリッシュスタイルエール

やはり、バラエティパック12本入の中から。
お得ですよ、このパック。ワシントン州在住のビールファンの方、これをみかけたら、即買いですよ。
味は・・・ごめんなさい。来客中で、ビールノートをつけるところまでいきませんでした。



b0081504_1145266.jpgElk Rock / Wapati India pale ale
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Elk Rock Brewing
アルコール度数  ?%
量 12 oz
スタイル インディアペールエール

これも、初体験。すっきり、IPAといった感じ。
特に主張はあまりなかったような・・・。ノートは必要ですね。


b0081504_11461299.jpgOld guardian barley Wine Style Ale
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴ
ブリューワリー Stone Brewing
アルコール度数  11.26%
量 1pt6oz(=22oz=650ml0
スタイル バーレーワインスタイルエール

僕の大好きStoneのバーレーワインです。
これも、シアトルのBottleworksで購入。
この店はスタイルごとにビールが分けて冷蔵庫に整理されていました。そして、驚いた事に、バーレーワインが一角を陣取っていました。
各ブリューワリーのバーレーワインが、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、といった具合に年代別に揃っていました。
古い方が値段が高いです。
これは、2005年のだから、そんなに高くない。6ドルくらいだったはず。
一般的には、鮮度が命のビールですが、バーレーワインなどの種類は寝かせた方がおいしくなるんですね。待ちきれずに、なんでも開けちゃいますが、僕は。

遊びにきた客人の彼女は、Stoneのビールを知っていて、その中でもIPAが好きだと言う。
ビール倉庫をみせたら、すごいすごいと喜んでくれた。嬉しい。そんな彼女のために、急遽冷蔵庫で一時間程冷やして開けました。

しっかり、甘くて、麦のジュースといった感じ。やっぱええなー、バーレーワインは。
匂いも味わってもらうために、先のすぼまったグラスで飲んでもらいました。


彼女には、Spaten Oktoberfest, Widmer Oktoberfest, Deschutes ESBなど、色々と試してもらったのですが、DeshutesのBachelor ESBが気に入った様子でした。


そして、ここまで色々開けたら、これも行っときましょう、ということで開けたのがこちら。
b0081504_11471193.jpgFRED
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Hair of the Dog Brewing
アルコール度数  10%
量 12oz
スタイル ゴールデンスペシャルエール(ボトルコンディションド)
バッチナンバー 65

出た!Hair of the Dog。
「是非、客人に飲んでほしい」という僕に、「これは薬用酒みたいなもんだから、やめときなよ」と、妻ちゃんからストップがかかる。

自分が責任を持って飲むから、ということで開封。
高いんです、これ。一本4ドルちかくする。12oz(350ml)なのにね。
しかも、超個性的なフレーバー。前回ポートランドで購入してホテルで飲んだときは、濃すぎてなかなか飲めず、水を足して飲んでしまいました。
それほどのキワモノ。 マイケルさんは好きらしいんですけどね。

さて、外観。
ビールの色は割と普通なアンバー色。濁っています。
濾過されていない酵母がゴロゴロとグラスの底で踊っています。
尋常じゃない量。

鼻を近づけると、ホップの匂いと、その他大勢の複雑なスパイシーな香りがします。
判別不可能。
飲んでみる。うー、強烈な香り。アルコール度数も10%なので、腹が熱い。
しかし、既に出来上がっているせいか、前回飲んだときほどの違和感は感じない。
ここのブリューワリーの魅力、魔力にとりつかれたのか??
客人と分け合って呑んでいるうちに、「うまいんじゃないのー?これー!」という心境になってきた。人間変わるもんです。

今月末にマイケルさんがアメリカに買い付けにいらっしゃるのに合わせて、ポートランドで落ち合おうという計画をたてているところです。
その日程に、ここのブリューワリーでの買い付け、というのも入っていたので、お邪魔させてもらおうかなー??

酒好きが3人集まり、あれこれと酒を飲み、お喋りに花が咲き、腹を抱えて笑う、そんな夜でした。久しぶりだな、こんなの。楽しかったよ。
客人の彼女とは、旦那さんも交えて今週末、呑みにいく予定。いまから楽しみ。
[PR]
by moribeer | 2006-09-07 15:31 | アメリカ産