「ほっ」と。キャンペーン
タグ:スペシャル ( 11 ) タグの人気記事
オーク樽で熟成させた、La Folie
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

小春日和がつづいた週末。
久々にカメラを持って妻ちゃんと撮影に行ったりしました。
来週末もこんな陽気ならうれしいな。


そんな日のちょっとスペシャルビール。
b0081504_1252568.jpg
[ビール名] La Folie Wood Aged Beer
[原産地]アメリカ合衆国 コロラド州フォートコリンズ
[ブリューワリー] New Belgium Brewing Inc.
[アルコール度数] 8.5%
[量] 1Pt 9.4oz (750ml)
[スタイル] Flanders Red Ale

コロラド州フォートコリンズのNew Belgium Brewingからの特別ビール。

説明書きには、これは伝統的なベルジアン・サワー・ブラウンのスタイルで、数年の間オークの樽で寝かせたもの、とあります。
b0081504_1261083.jpg


瓶の裏にはHand bottled # 3/08 1399と手書きの記しが。今年の3月にボトリングしたということでしょう。

このビールは、僕が思うに、まさに僕がビールにはまってあちこちへと足を運んだ2005年の秋、コロラド州フォートコリンズで試飲させてもらったことのある、あのビールだと思います。確かこの"La Folie"という名前がついていた覚えがあります。ワインの樽を使って熟成させるのだ、と説明をされた記憶も。
この記事の下の方の画像の、真ん中に映っている白いビールです。このときはまだ樽に入れる前で、酸っぱいから気をつけてね、試飲の最後に飲んでね、と注意されたんでした。

あれから3年、色はすっかり樽からの色が出てきたのか、茶色になっています。透明度はなく、濁っています。

説明書きに従って、コルクを開栓したあと、グラスに注いでしばらく空気に触れさせます。こうすることでビールが呼吸して、香りが良くなるだけでなくビールの温度が上がって、より複雑な味、ボディになるということらしいです。

飲んでみました。
予想通り、とても酸っぱいです。
濃厚なBrieチーズを口に含んで、再び。
お、ちょっと酸味にも慣れたのか、チーズとの相性がよいのか、よりおいしく感じるように。

こないだ飲んだ、Deschutesのthe dissident 同様、普通のビールだと思って飲まない、相性の良い食べ物を選ぶ、などに気をつけると、おいしく楽しめるビールだと思います。
あ、あと、とても酸っぱいので、あまりごくごく飲むとむせそうになるかも。要注意。

香り、酸味、ゆっくり楽しめる、ワインのようなビールでした。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、23位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

ビール通にも、ビール情報がたくさん。
[PR]
by moribeer | 2008-10-27 13:06 | アメリカ産
すごい変わり種。Imperial Extra Double Stout
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

今日はショッキングな出来事が。
まー、たいしたことないっちゃ、そうなんですが。
自分の中では大事件。

ビール雑誌の"Beer Advocate"っていうやつを、定期購読しているんですが、毎月あちこちのブリューワリーの新作ビールのレビューが載っているんですね。
それをながめていたら、Fullsailから季節限定の"Topsail Bourbon Barrel Aged Imperial Porter"が出ていることが発覚。

この何年か、また飲みたいと思い続けていたおいしいビール。
マイケルさんとの縁結びにもなった、思い出のビールなんです。

この2週間ほど生協のビールコーナーはチェックしていましたが、まだ見かけたことはありませんでした。
じゃー、今週あたりに入るんだろう、と思って早速生協に行き、ビールコーナーをチェック。

でも、どこにも見当たらない。
おかしいなと思い、店員さんに聞いてみると、どうやらいままで2回入荷したらしいのですが、2回とも1週間ともたないうちに売り切れてしまって、もう多分入荷しないんじゃないか、とのこと・・・(涙)。

そりゃーないぜー、とっつぁーん。


妻ちゃんには、ビールにかける情熱が足りない、もっと事前に調べておくべきだ、といわれてしまった。
確かにねー、こういうのは情報勝負だからね。
以後気をつけます。


今回のリリースの分はもう飲めないかもしれないと思うと、気が沈み、しばらく元気がなかったのですが、くよくよしていると運も逃げるかもしれないので、なんとか無理矢理元気な気分に。
明日また違うところで探してみます。



気を取り直して、今日のビール。
今日は食後のデザートです。

b0081504_1230981.jpg
[ビール名] Le Coq Imperial Extra Double Stout
[原産地] United Kingdom (England), Lewes
[ブリューワリー] Harvey & Son Ltd.
[アルコール度数] 9.0%
[量] 22oz (650ml)
[スタイル] Russian Imperial Stout
[製造年]2003

2003年って、どんだけ寝かせたんでしょう。いつ買ったのか覚えていません。
名前がすごいです。
imperial、extra、Doubleと派手に形容しちゃっています。

口の広い、ゴブレットに入れてみました。

色は真っ黒。ほんとうに黒いです。墨汁か?とおもうくらい。
光が透けません。

鼻を近づけると、なにやらちょっと酸っぱい、紹興酒のような香りが。

飲んでみる。
おお、こ、これは・・・。
明らかに普段飲んでいるビールとは異なります。
匂いが紹興酒みたいといいましたが、香りもそんな感じ。
たまり醤油というか、漢方というか、ハーブというか、とにかく強い香り。

味の方もかなり濃厚で、舌の上にずっと絡まってます。

実のところいまもまだ飲みきれずにキーボードの横においてあって、ちみちみ飲みながらこの記事を書いているんですけどね。
ゴクゴクとは決して飲めないビール!
アルコールも9%だしね。胸、あついです。

変わったビールを試してみたい人は、ぜひ!
ビールの価値観が変わること、うけあいです。
好みに合うかどうかは、わかりませんが。

もう少しちみちみと飲みます。それでは。



みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、12位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2008-03-16 13:06 | イギリス産
びっくりした日のクリスマスエール。
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

冬眠暁を覚えず。
誰もそんなことを言った人はいないとおもうのですが、そんなこともおこるんです。

きも〜ちよく睡眠をむさぼっていた朝、「たいへん、遅刻するよ!」との声で起きる。
なにごとかと思って時計を見ると7時50分!
夫婦二人して、約2時間の寝坊です。

しかし、そこからは早かった。
20分後にはオフィスに到着。
会社の近所に住んでて、本当によかったなー、と思った日でした。

目覚ましはちゃんとかけてから寝ましょう。
二人ともかけ忘れって、そんなこともあるんですね。


平穏無事に一日が終わり、今日はこのビール。

b0081504_1311545.jpg
[ビール名] Our Special Ale 2007 (Christmas Ale)
[原産地]アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
[ブリューワリー] Anchor Brewing Company
[アルコール度数]
[量] 12oz (355ml)
[スタイル] Winter Warmer



今年もアンカーのクリスマスエールの季節になりましたね。
11月〜1月の季節限定エール。っていっても、それ以降も売れ残りが売り場にあることはしばしばですが。

毎年、ビールのレシピ、それにラベルのデザインが変わります。
今年はどんなでしょうか?

外観、これは相変わらず黒いです。
鼻に近づけて、匂いを。
うーん、なんとなくスパイシーな匂いがするけど、特定はできず。

口に含む。炭酸は少なめ。
相変わらず複雑なスパイスの香りが。
でも、香りは去年のほど強烈じゃない。
結局、何のスパイスかはよくわからずじまい。
まー、所詮はなんちゃってテイスターですからね。

ボディは思った程重くなく、すーっと飲める。
アルコールはそんなに高くない。6%くらいじゃないかな?

香りを楽しみながら、ちびちびと飲みたいビールです。



みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、8位ですー!やたー。
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-12-12 13:24 | アメリカ産
ビヨンセと踊る前のエナジーチャージビール。
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?


ビヨンセのコンサート、行ってきました。
楽しかった!
ティーンエイジャーに周りを囲まれて、黄色い声に囲まれながら負けずに飛び跳ねて踊ってきました。
一番安いチケットを買ったのですが、会場に着くとまさかのアップグレード。
結構ステージに近い席で楽しむ事ができました。

ビヨンセ、Dream girlsでは美しいなー、と眺めていたのですが、今日のコンサートでは「かわいいー」という印象。
特におしりが可愛いとおもいました(そこかよ)。

どうも今日のステージはツアーの途中に急遽(一ヶ月くらい前に)組み込まれたような感じ。
そのせいか、満席とまでは埋まっていませんでした。
でもいいんです。なかなかビッグアーティストがこんな田舎まで来てコンサートをしてくれるということは珍しいので、幸運、幸運。

ステージのビヨンセからも、周りのティーンエイジャーからも元気をいっぱいもらってきました。
この元気を使って明日からもビールを飲みたいと思います(そこかよ)。


コンサート前のエナジーチャージ。

b0081504_14421296.jpg[ビール名] Okto
[原産地]アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド
[ブリューワリー] Widmer Brothers Brewing Company
[アルコール度数] 5.0%
[量] 12oz (355ml)
[スタイル] Märzen / Oktoberfest



先日のバーベキューパーティーの残りのビールですが。

綺麗なアンバー色。
泡は若干茶色が混ざった感じ。きめは細かいです。

飲み口はやわらかく、上品な甘みが印象的でした。


今日はコンサートで疲れたので、モリビールのお世話はできませんでした。
いつ瓶詰めしようかなー。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、5位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-09-11 14:57 | アメリカ産
今年一番目のビール
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?


2007年ですね。なんだか2007年なんていうと近未来の世界のような響きがあります。
2010年、2020年なんてなると、どうなるんでしょう。
時代にいまいち乗り切れていないモリビルです。


大晦日の夜をYっち、Jちゃん夫妻のお宅で過ごさせていただき、そのまま朝までお邪魔させていただきました。毎度あつかましくてごめんなさい。


朝、いただいたのはこんな素敵なもの。

b0081504_178818.jpgお雑煮。

Jちゃんのお澄ましのお雑煮です。
うちもお澄ましだったなー。
Yっちのところは、京都だから白みそだったらしい。
ちなみに、妻ちゃんの実家の高松では白みそのお雑煮に「あん餅」が入ります。
地方ごとにいろいろあって、面白いですね。



b0081504_1784247.jpgおもち

砂糖醤油につけて、のりでまいて食べる。最高です。正月の味がします。
幸せー。


b0081504_179380.jpgお正月のよいところ。朝から酒が飲めるぞー(笑)

Jちゃんが生協で買ってくれていた、なまはげというお酒。辛口だから"Extremely Dry"と表記してありますね。
でも、Jちゃん曰く「そんな辛口というほど、舌にビリビリこないよねー」。
確かに。柔らかい感じのお酒でした。



一人で迎える正月かー、とちょっと前まで思っていたので、こんな温かい雰囲気で年を越し、迎えることができて、とてもうれしかったです!ありがとう、Yっち、Jちゃん。


今年もよろしくお願いしますと二人に挨拶したあと、モールに寄りました。
カレンダーを買うためです。年を越すと半額になるんですよね。
1/1に行くとまだたくさんデザインが残っているし、お得。


夕飯は、Jちゃんから持たされたご飯やおかずを使って、なんちゃっておせちセットを作ってみました。

b0081504_17285758.jpgお雑煮。

お餅を持たせてくれたので、作ってみました。
具があまりなかったので、エビと人参と昆布とお惣菜の大根の炊いたのを入れてみました。なかなかいけました。



b0081504_17301551.jpg舞茸ごはん

ごはんがふっくらして、おいしい!
かやくご飯って、なんかうれしくなりますね。


b0081504_17304194.jpg一人おせち

Jちゃんが持たせてくれた人参のなますと、大根と、サバと、昆布。あとは、ちっこいエビの塩焼き。豆腐ハンバーグ。
なんとなくおせちっぽい感じがします。
しますよね?反論は受け付けません(笑)



そして、最後になってしまいましたが、今年一番のビールはこちら。

b0081504_17322199.jpgビール名:10th Anniversary IPA
原産地:アメリカ合衆国カリフォルニア州Escondido
ブリューワリー:Stone Brewing
アルコール度数 10%
量 : 22oz (650ml)
スタイル インペリアルIPA

ついにこのビールを開ける日が来ました。本当はJちゃんたちとお正月に一緒に飲みたかったのですが、都合がつかず、一人で飲むことになりました。

これを飲むのは、オレゴンでマイケルさんとオフ会をしたときに行った、Henry's Tavernというお店で樽で飲ませてもらって以来です。わくわく。
あのときは確か口の広いワイングラスのようなものに入れてもらったのを思い出して、このグラスです。


色はライトブラウンです。
鼻を近づけるとホップのさわやかな匂いがします。
飲んでみます。おおーーーー!フルーティー。モルトの甘みもたっぷり。
鼻にぬけていくアルコールのいい香り。
これはIPAというか、バーレーワイン級ですね。好き♡なタイプです。
一人で一本開け終わるころには、すっかりいい気分になってしまいました。
今年も幸せなビール生活が送れるような、そんな予感があります。

皆さんの応援のおかげで、にほんブログ村、酒ブログ部門で、現在1位です!
すごくうれしいです。励みになっております。今年も飲みます。

それでは、今日もにほんブログ村 酒ブログへクリックで応援お願いします。

みなさん、よいビールを☆

今日はボイシーでの一大イベント、Fiesta Bowlがありました
[PR]
by moribeer | 2007-01-02 18:01 | アメリカ産
久々のHair of the dog ・自炊に目覚める
b0081504_1421529.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?

モリビール(手作りビール)、6日目。今日は味見してみました。記事は下です。

今日は、ひさびさに個性的なこのビール。
Hair of the dogの工場見学に行ったときに買いました。
工場見学にいったときの様子はこちら。アランさん、職人です。



ビール名:FRED
原産地:アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド
ブリューワリー:HAIR OF THE DOG
アルコール度数 10 %
量 : 12oz (355ml)
スタイル : ゴールデンスペシャルエール

今回は、アランさんの助言に従い、澱の部分はグラスに入れないように注ぎました。
奇麗な色ですね。

ホップの香りがドカーンと効いてます。びっくり。
麦汁の甘い味も素敵。バーレーワイン級。

前に飲んだときより、抵抗なく飲めるようになっている自分にびっくり。
ビールマニア度があがったのでしょう。

と、おもっていたのも前半だけで、後半になると酔いもまわって、ノックアウト。
普通のバーレーワインとかより、よけいに酔う気がします。
アランさんのビール、やっぱり強力でした。

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ


b0081504_1424110.jpgこれは、今日の晩ご飯。
マグロのたたき丼です。
妻ちゃんが帰国前に買ってくれていた冷凍マグロを解凍してつくりました。
なかなかおいしかったです。





b0081504_1432372.jpg卵、わかめ、豆腐スープもいっしょに。
簡単で、おいしいんです。





b0081504_1443475.jpgこれは、お昼の納豆チャーハン、コロッケ弁当。
玄米を食べるには食べていますが、野菜の分量が少ないかも。

こんな感じで、食べています。
最近、だんだんと料理をするのが楽しくなってきました。

それではみなさん、おやすみなさい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
by moribeer | 2006-11-03 15:04 | アメリカ産
なんじゃこりゃー、のHair of the dog/Rose Cassis
b0081504_13321393.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?僕は今日もしこたま飲みました。

妻ちゃんとモールで買い物していたら、「酒好きJちゃん」と、またしてもバッタリ。
しょうがないから、OLD CHICAGOに3人で行って、Tapを二杯ずつ飲んできました。急な話だったので、写真は無し。
その後、旦那さんも交えて、4人でシーフードレストランに行き、またビール。楽しいサプライズでした。



さて、今日のビールは、またキワモノですよ。

ビール名:Rose Cassis
原産地:アメリカ合衆国 オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー:Hair of the Dog brewing
アルコール度数  8%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : ブラック・カラント・エール


ポートランドでマイケルさんと一緒に、ここのブリューワリーに見学に行ったときに買ったビールです。そのときの記事はこちら


このブリューワリー、アランさんというブリューマスターが一人で醸造から販売から全てをこなしているという、超・個人経営のブリューワリーです。
味も外観も超・個性的。

まず、栓を開けると、ぷーんとそのあたりに立ちこめる、ベリーのような甘酸っぱい香り。
グラスに注いでみて、またびっくり。
うすむらさき色をしています。
ビールなのに、むらさきって、どうよ??
ラベルの説明を読むと、このベリーのフレーバーとむらさき色を出すために、ローカルで採れたブラック・カラント(Black Currant)という果物を使っているとのこと。
アランさん、確信犯です。
しっかりビックリさせられてしまいました。

僕はてっきり、工場見学のときに飲ませてもらったハイビスカス入りの真っ赤なビールを買って帰ったつもりだったのですが。どっちにしろビックリ。

むらさき色のビール、濁っていてグラスの向こう側が見えません。最近こういうビールばっかり。
たまにピルスナーとか注ぐと、あまりの透明度に逆にビックリします。

鼻を近づけてみると、酸っぱい匂い。梅酒に近い匂いです。
飲んでみても、やっぱり酸っぱい味。この辺は期待を裏切りません。
飲んだ事はないのですが、ランビックと呼ばれる自然発酵のビールはこれにちかい味がするんじゃないでしょうか。
酸っぱいビール、僕は結構好きかもしれない。おいしくいただきました。
アランさん、あなたの作ったビール、しっかりと味わいましたよ。

ちなみに、この日の酒の肴
アジア食材屋さんで買ったゴマまぶし揚げ団子
魚屋さんで買った牡蠣、剥いてシュリンプカクテルソースをつけて。

甘い団子、新鮮な魚介と一緒に飲む、酸っぱいビール、なかなか組み合わせが良かったです。

本日もレポートを読んでいただき、ありがとうございました。
眠いけど頑張って書きました。今日も、にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へをクリック応援をお願いします。
毎晩の更新の活力になっています。

それでは、みなさん、おやすみなさい。
良いビールを。
[PR]
by moribeer | 2006-10-16 14:00 | アメリカ産
濃いーの2つ 120min IPA/GONZO
b0081504_1328120.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?
はい、よい返事です。
いつもクリック応援ありがとうございます。おかげで、
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へビールジャンル1位、
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へアメリカ情報7位です。

さて、タイトルにもありますが、今日は”濃いーの”2連発です。


冒頭のビール

ビール名:Dogfish Head 120 minutes IPA
原産地:アメリカ合衆国 デラウェア州ミルトン
ブリューワリー: Dogfish Head Brewing
アルコール度数  20%
IBUs : 120
量 : 12oz (355ml)
スタイル : インペリアルIPA

いやー、なにがびっくりって、アルコール度数。
20%です。冗談じゃなくて。
瓶に貼ってあるシールに書いてます。20%って。
それから、IBU(苦さ度合い)。120です。お化けです。
50を超えたら「苦っ!」と感じる程度。75なんかで、「むっちゃ苦ーっ!」です。
こんな120なんていうIBUの表記は未だかつて見た事がありません。

どんなビールなんでしょう??
というか、ビールのカテゴリーに入るんでしょうか?

まず、外観は・・・。
うーん、いたって普通のIPAの色に見えますがねー。
明るいブラウン〜アンバー。色もクリアーだし。

鼻を近づけてみます。
ん〜、甘い香り。これはバーレーワインのような香りです。

飲んでみます。
うわっ、甘っ。麦汁ジュースですね。
しかし、嫌いではありません。むしろ好き。
好みははっきりと分かれるでしょうね、これは。
ちなみに妻ちゃんはダメだと言っていました。彼女は苦いビール専門。

アルコール、思いっきり感じます。
ちびちびしか飲めません。
グビグビいくもんじゃないです、こんなお化けビール。
味あわなきゃ。
飲む度にアルコールで胸が熱くなる(やっと飲めた、という感動もあります)
これ一本で、5%のビール4本分。
効率よく酔えます。そういう問題でもないと思いますが。

しかーし!!
IBU 120はどこにいった???
苦み、感じないんですが、僕の舌おかしいでしょうか。
極度の甘みのため、これくらい苦くして丁度バランスがいいんでしょうかね。

アルコール度数の高いバーレーワイン、といいうのが、僕のこのビールに関する印象でした。

年に3回しか発売されないらしく、値段も1本で9ドル(1000円)くらいします。
アメリカのクラフトビールで、ここまで高いのは、それほどありません。
希少品。

近日中にBAR SAL'sのマイケルさんがここのブリューワリーを訪れたときの模様を更新することだと思います。




続いていってみよう。
別の日に飲んだ、これまた濃いビール。

b0081504_13282910.jpgビール名:GONZO Imperial Porter
原産地:アメリカ合衆国 コロラド州デンバー
ブリューワリー: Flying Dog Brewing
アルコール度数  9.5%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : インペリアルポーター



出た、真っ黒なインペリアルポーター。
本当に真っ黒です。
グラスを蛍光灯に透かしてみても、光が通りません。

飲んでみる。
インペリアルポーターというスタイルから想像していたよりは酸っぱくない。
酸っぱいのが多いんです。インペリアルポーター/シュタウト。
しっかりフルボディ。喉に張り付く。
香ばしいローストの香り。麦茶か??というような香ばしさ。
こんな濃い麦茶、あったらビックリしますけどね。

これも、あまりグビグビ飲める、というタイプじゃないですね。
じっくり味わいながら、チビチビと。
ちょっと温度が上がったくらいがおいしいです。
いやー、おいしいよ。これ。

さて、ラベルの話を。
このブリューワリーのビールは、どれも過激なデザインのラベルに目が釘付け。
GONZOの場合、頭だけガイコツで、"OK! Let's Party"と、台詞のフキダシ。
体は裸だし、右手には何やら細長いものを持っています。
僕はてっきりヘロインなどの注射をもって、ドラッグパーティーをしよう、という意味だと思っていたのですが、よくよく見てみると、どうもタバコにフィルターが装着してあるような絵に見えます。

「GONZO」って誰よ?日本人??「権三」さん?と思い、少し調べました。
ブリューワリーのウェブサイトによると、どうも死んでしまったHunter S. Thompson (Dr. Gonzo)というジャーナリストに対するトリビュートのビールだということです。

このラベルも彼を表しているようです。
こんな感じのひとだったらしい。ソースはこちら


ビールを作るのは人ですからね。こんな思いがあるビールがあってもいいと思います。
ちなみにこのGONZOポーターの売り上げの一部はこのGONZOさんの追悼記念基金に寄付されるとのこと。僕も寄付したことになっているんですね。

長いレポートを最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
お帰りの際は、→にほんブログ村 酒ブログへをクリックお願いします。
酒好きさん達が集っております。
[PR]
by moribeer | 2006-10-13 14:47 | アメリカ産
酒と笑いの水曜日 ビール倉庫から大放出
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか? 僕は、毎晩です。時には昼から。

さて、水曜日(先週。いつになったら現在に追いつくのだろうか)。

この日は、妻ちゃんの友達がうちに遊びにきました。彼女達は二人で昼間からダウンタウンの飲み屋で2杯ずつビールを引っ掛けてきたあとです。ちくしょう。いいなあ。

家に帰ると、すでにおつまみが準備されていた。

さー、3人で飲むか!

こんなん、飲みました。僕のビール。

b0081504_11442264.jpgDick's irish style Ale
原産地 アメリカ ワシントン州 セントラリア
ブリューワリー Dick's brewing
アルコール度数  5.2%
量 12 oz
スタイル アイリッシュスタイルエール

やはり、バラエティパック12本入の中から。
お得ですよ、このパック。ワシントン州在住のビールファンの方、これをみかけたら、即買いですよ。
味は・・・ごめんなさい。来客中で、ビールノートをつけるところまでいきませんでした。



b0081504_1145266.jpgElk Rock / Wapati India pale ale
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Elk Rock Brewing
アルコール度数  ?%
量 12 oz
スタイル インディアペールエール

これも、初体験。すっきり、IPAといった感じ。
特に主張はあまりなかったような・・・。ノートは必要ですね。


b0081504_11461299.jpgOld guardian barley Wine Style Ale
原産地 アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴ
ブリューワリー Stone Brewing
アルコール度数  11.26%
量 1pt6oz(=22oz=650ml0
スタイル バーレーワインスタイルエール

僕の大好きStoneのバーレーワインです。
これも、シアトルのBottleworksで購入。
この店はスタイルごとにビールが分けて冷蔵庫に整理されていました。そして、驚いた事に、バーレーワインが一角を陣取っていました。
各ブリューワリーのバーレーワインが、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、といった具合に年代別に揃っていました。
古い方が値段が高いです。
これは、2005年のだから、そんなに高くない。6ドルくらいだったはず。
一般的には、鮮度が命のビールですが、バーレーワインなどの種類は寝かせた方がおいしくなるんですね。待ちきれずに、なんでも開けちゃいますが、僕は。

遊びにきた客人の彼女は、Stoneのビールを知っていて、その中でもIPAが好きだと言う。
ビール倉庫をみせたら、すごいすごいと喜んでくれた。嬉しい。そんな彼女のために、急遽冷蔵庫で一時間程冷やして開けました。

しっかり、甘くて、麦のジュースといった感じ。やっぱええなー、バーレーワインは。
匂いも味わってもらうために、先のすぼまったグラスで飲んでもらいました。


彼女には、Spaten Oktoberfest, Widmer Oktoberfest, Deschutes ESBなど、色々と試してもらったのですが、DeshutesのBachelor ESBが気に入った様子でした。


そして、ここまで色々開けたら、これも行っときましょう、ということで開けたのがこちら。
b0081504_11471193.jpgFRED
原産地 アメリカ オレゴン州 ポートランド
ブリューワリー Hair of the Dog Brewing
アルコール度数  10%
量 12oz
スタイル ゴールデンスペシャルエール(ボトルコンディションド)
バッチナンバー 65

出た!Hair of the Dog。
「是非、客人に飲んでほしい」という僕に、「これは薬用酒みたいなもんだから、やめときなよ」と、妻ちゃんからストップがかかる。

自分が責任を持って飲むから、ということで開封。
高いんです、これ。一本4ドルちかくする。12oz(350ml)なのにね。
しかも、超個性的なフレーバー。前回ポートランドで購入してホテルで飲んだときは、濃すぎてなかなか飲めず、水を足して飲んでしまいました。
それほどのキワモノ。 マイケルさんは好きらしいんですけどね。

さて、外観。
ビールの色は割と普通なアンバー色。濁っています。
濾過されていない酵母がゴロゴロとグラスの底で踊っています。
尋常じゃない量。

鼻を近づけると、ホップの匂いと、その他大勢の複雑なスパイシーな香りがします。
判別不可能。
飲んでみる。うー、強烈な香り。アルコール度数も10%なので、腹が熱い。
しかし、既に出来上がっているせいか、前回飲んだときほどの違和感は感じない。
ここのブリューワリーの魅力、魔力にとりつかれたのか??
客人と分け合って呑んでいるうちに、「うまいんじゃないのー?これー!」という心境になってきた。人間変わるもんです。

今月末にマイケルさんがアメリカに買い付けにいらっしゃるのに合わせて、ポートランドで落ち合おうという計画をたてているところです。
その日程に、ここのブリューワリーでの買い付け、というのも入っていたので、お邪魔させてもらおうかなー??

酒好きが3人集まり、あれこれと酒を飲み、お喋りに花が咲き、腹を抱えて笑う、そんな夜でした。久しぶりだな、こんなの。楽しかったよ。
客人の彼女とは、旦那さんも交えて今週末、呑みにいく予定。いまから楽しみ。
[PR]
by moribeer | 2006-09-07 15:31 | アメリカ産
バケーション明け その3 常陸野ネスト セレブレーションエール
みなさん、こんばんは。モリビルです。

月曜の夜から調子こいてたくさん呑んでます。

3杯目はこちら。
b0081504_15184040.jpg
常陸野ネスト 2006 セレブレーションエール

原産地 日本
アルコール度数  9%
量 330ml

初めて呑みます。常陸野ネスト。
アメリカでも売っているんです。このビール。
一瓶4ドル以上するので、ちょっと弱気になって買いそびれていたのですが、シアトルのBottleworksというお店で、藤原ヒロユキさんのイラストを見て思わず購入。

外観は濁っています。

呑んでみる。
うーん、なんだかすごく独特な香り。スパイシーだぞ。
怒られるかもしれないけど、子供の頃に駄菓子屋でかったブドウ味の粉ジュースの香りに似ている。ごめんなさい、ブリューワーの人とファンの人たち。

アルコール度数は9%と高めなので、ちみちみといただく。

スパイシーな香りのビールは、まだ守備範囲にないかも・・・・。あまり楽しめませんでした。
ホワイトエールも買ってあるので、そちらに期待!!
[PR]
by moribeer | 2006-08-23 15:25 | 日本産