「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:日本産( 10 )
大統領選の日のビール。オゼノユキドケIPA、そしてBig Foot
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

火曜日。
今日はアメリカ合衆国の大統領選挙の日です。
いつもより少し早く帰宅して、夕食を食べたあと、テレビを付けて開票速報を見ていました。
テレビを見始めて2時間ほど経った頃、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンの西海岸の州が開票されてすぐに、過半数の有効票を獲得して、バラク・オバマさんが当選確実になりました。
事前の予想でほぼ確実とはいわれていたものの、ほんの数十年前までは、公民権もなく差別されていた黒人の中から、初の大統領が選ばれたわけですから、アメリカの歴史の大きな1ページになるだろうな、と思いました。各地の映像が流れていましたが、黒人の人達の歓喜の様子は白人支持者のそれとは別格でした。

彼なら、この弱り切った経済をなんとか立て直してくれるんじゃないかな、という期待がわいてきます。
そんな単純なものではないのかもしれませんが、テレビのディベートや演説などを聞いていると、彼の真摯な態度に対して信じてみたい、賭けてみたいという気持ちがわいてくるのです。
賭けるといっても、僕には投票権はないのですが・・・。

来年の今頃には笑っていられるといいな。


そんな選挙の日のビール達。
b0081504_13265684.jpg
[ビール名] オゼノユキドケIPA
[原産地] 群馬県館林市
[ブリューワリー] 龍神酒造
[アルコール度数] 5.0%
[量] 330ml
[スタイル] American IPA

今年の春にマイケルさんにいただいたお土産のビール。
瓶には「通常の5倍の量(当社比)のホップを使用した苦みの強いタイプです。」
そして「底の酵母を混ぜ、静止して一分後に開栓」との指定があります。
はい、指示通りにくるくると混ぜて、グラスに。

酵母がフワフワと浮かんで濁っています。

鼻に近づける。それほど凶暴なホップの香りはしません。
飲んでみる。
おおお、これはなんとも深い味わい。
5%のアルコールとありますが、なんだかもっと強いような気がしました。
喉を通るとき、腹に収まったとき、ずっしり濃い感じがするのです。
ホップの香りも派手ではなく、上品にまとまっていました。
アメリカのIPAにはないような、日本の奥ゆかしさというようなものを感じました。

一緒に飲んでいた妻ちゃんも、「これはおいしい」と言って、いつもよりたくさん分け前を飲んでいました。
よかった、よかった。


ということは、いつもより僕の飲み分が少ないわけで、2本目開栓。
b0081504_1327962.jpg
[ビール名] Sierra Nevada Bigfoot Barleywine Style Ale
[原産地]アメリカ合衆国 カリフォルニア州Chico
[ブリューワリー] Sierra Nevada Brewing Co.
[アルコール度数] 9.6%
[量] 12oz (355ml)
[スタイル] American Barleywine

寒くなってきたので、バーレーワインを。
2008とラベルにはありますが、これは今シーズンではなく、前のシーズンに発売されたもの。
冷蔵庫で9ヶ月くらい寝かせたものです。

本当は冷蔵庫から出してすぐじゃなく、室温くらいまで温度を上げたかったのですが、もともと飲む予定ではなかったのでしょうがない。

食後につまみなしで飲んでみました。
が、ちょっと後味がきつい。
尖った感じで、あまりゆっくり楽しもう、という感じではないじゃないですか・・・・なんということだ。


困った時はつまみを合わせよう、ということで、ローファットのチーズとクラッカーを出してもらって、合わせて飲んでみました。
ビールの温度が少しあがったのと、口の中の状態が変わったのとで、さっきよりは楽しめるようになりました。

どっしり、甘くて苦くて、素敵なバーレーワインがリリースされる冬がやってきました。
でも、開栓するのは去年買って冷蔵庫で待機しているのから順番に。今年のは来年の楽しみにしようっと。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、20位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

ビール通にも、ビール情報がたくさん。
[PR]
by moribeer | 2008-11-05 14:38 | 日本産
秋鮭に、志賀高原のIPA。
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

水曜日。

日課として、朝6時から30分ほど近所の運動公園の周りを妻ちゃんと二人で走ります。
最近はデイライトセービング(サマータイム)のせいと、単純に日が短くなってきたのとが相まって、6時台はまだ真っ暗。
星空の下を走ったりしているわけですが、今日は満月が丁度高い位置に出ていて、とても明るかったです。
月明かりの明るさを感じられて、わけもなく嬉しく思いました。

今日のビール。
b0081504_12153677.jpg
[ビール名] Shiga Kogen IPA
[原産地]長野県下高井郡山ノ内町
[ブリューワリー] 玉村本店
[アルコール度数] 6.0%
[量] 330ml
[スタイル] American IPA

今日の夕飯は秋鮭の塩焼き。
なーんか日本のおいしいビールを合わせたい気分で取り出したのがこれです。

春にカリフォルニアで落ち合ったマイケルさんにお土産でいただいた、志賀高原のIPAです。
もったいなくて、とってあったのですが、飲んでこそのビールだろう、ということで開栓。

綺麗なアンバー色。むー、期待が高まる。

飲みました。
うーん、うまい。
ホップの苦みがゆっくり語りかけてくるように口に広がります。
炭酸がほとんどなく、そのおかげで、じっくり舌の上で味わうことができます。
香りの良さが印象に残る、すてきなビールでした。
ありがとう、玉村本店さん!

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、18位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

ビール通にも、ビール情報がたくさん。
[PR]
by moribeer | 2008-10-16 12:53 | 日本産
2007志賀高原 House IPAを飲んだ。
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

先週の忙しさがピークだったのか、今日の仕事はびっくりするくらい余裕。
でも、油断してたらまたどかーんとくるんだろうな、これが。

今日はお祝いでもなんでもないけれど、ちょっとスペシャルなビール。
b0081504_10534899.jpg
[ビール名] House IPA 2007
[原産地]長野県下高井郡山ノ内町
[ブリューワリー] 玉村本店
[アルコール度数] 8.0%
[量] 330ml
[スタイル] Imperial IPA

この春、カリフォルニアでマイケルさんにいただいた、志賀高原ブリューワリーの、2005, 2006, 2007年、3年分のHouse IPAから2007年ものを!

ご覧の通り志賀高原のパイントグラスまでいただいちゃいました。ありがとうマイケルさん。

初めて飲みます、ここのブリューワリーのビール。どきどき。

日本酒、ワイン、ビールと手広く手がけているらしい玉村本店さん。
自分のところでホップを栽培して、それを使って仕込んでいるらしいです。
収穫から仕込みまで数時間、とか、すごいことになってます。

「自分たちがのみたいビール」というコンセプトでビールを作っていらっしゃるらしいです。
いいですねー、そういうの。


さて、気になるビールの方は。
綺麗なアンバー色。泡はほとんど立たず。

鼻を近づける。うーん、いいにおい。ホップの香りと、甘い香りが。

飲む。おおおお。これは。
うまい。うまいです。

インペリアルIPAですねー。ホップの爽やかな香り、そしてほわーんといい香りのアルコール、舌に喉に残るモルトの甘み。
がっつり来ます。胸も熱い。

夢心地になりました。
2006年と2005年のは、いつ飲もうかな。もったいないな。

玉村本店のゆるブルさん、マイケルさん、おいしいビールをいただきました。ありがとうございましたー。


みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、15位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。

ビール通にも、ビール情報がたくさん。
[PR]
by moribeer | 2008-08-21 11:32 | 日本産
日本で飲んだビールその2
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

今日は古い友人夫婦が町に来ていたので、一緒に夕食を。
DeschutesのBlack Butte Porterを飲みました。
安心のおいしさ。写真は無しです。


先月、日本に帰国していたときに飲んだビールのレビューの続き、いきます。


b0081504_1405892.jpg


噂の!
プレモル黒

空港の売店では見かけませんでしたが、実家の近くのスーパーにはありました。
kanappyが頑張って応募していた例のアレだなー、と思いながらのみました。
紅茶のような香りがいいねー。



さらにお隣は噂の!
KIRIN一番搾りスタウト
ビールブロガーさんたちの中で色々と話題になっていました。

ホームページに
”スタウトとは、「濃色麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビール」。(公正競争規約より)”
と注意書きがしてあり、偽りという訳ではないらしいのですが、上面発酵ではなく、下面発酵で作られているらしいです。
一般的にはスタウトは上面発酵で作られるので、「これはスタウトではなく、シュバルツではないか??」というわけですね。

そうだよねー。
KIRINには「キリンスタウト」という美味しい本当のスタウトがあるんだから、そっちをもっとアピールしてほしいです。
などといいつつ、キリンスタウトは飲んだことないんですが。

気づけば、エビスにしろ、プレミアムモルツにしろ、キリン一番搾りスタウトにしろ、何でも黒を出していますね。
流行りみたいで、なんか嫌だなー。
選択肢が増えるのは結構なんだけど、来年になったらもうありません、とかそういうのが多い気がする。
ビール会社のプレーヤーがもっと、もっと、もっと増えたらいいのに。
もっと身近に、いろんな種類のビールが飲めるようになればいいのに。

がんばれ、マイケルさん。
がんばれ、ビアフェスタさん。
がんばれ、箕面ビールさん。
がんばれ、さぬきビールさん。
がんばれ、その他のクラフトブリューワリーさんたち。
がんばれ、自ビール醸造家さんたち。
僕も、ちょっとだけがんばってみます。

キリン一番搾りスタウト、普通においしかったです。
案外すっきりなのね。


b0081504_1412555.jpg

そしてー、箕面ビール
ビアフェスタさんからの10月分のビールです。
父親が僕の帰国に合わせて飲まずにとっておいてくれたんですね。ありがとうね!

左は スタウト
上に紹介した黒いビールよりも、濃厚で香ばしいきがしました。(贔屓目はいってるかも)。

そして右は噂の、ダブルIPA
先日行った、BEER BELLYで飲んだダブルIPAにこんなところで再会することになるとは。
なんでも、ビアフェスティバルin横浜で、人気投票第一位に選ばれたそうです。
ビール好きさんの支持をそれだけ集めた、すごい奴。
アルコール9%。
口に含むとホップの香りで口の中が幸せイッパイ。
ありがとう、箕面ビールさん。

b0081504_1414957.jpg
そして最後に紹介するのが、
出雲路ビール
これは同じくビアフェスタさんの11月分のビール。
帰国中にタイミングよく配送されてきました。
ありがとう、指輪さん。

左は ヴァイツェン
フルーティーで、母親にも大評判。
日本人の舌にヴァイツェンというのは合っているのかもしれませんね。

右は デュンケル
しっかり甘みがあって、僕好みの味でした。

と、いうわけで日本で飲んだビールを2回にわたって紹介しました。

この他にも、KIRIN LAGERとか、ニッポンプレミアムとか、琥珀エビスとか、琴平で飲んだこんぴら麦酒ケルシュとか、飲んだんですが、写真なしです。
みな美味しかったですよ。とくに温泉上がりのこんぴら麦酒ケルシュはよかったなー。

もっと時間があれば、いろんなビアパブとか行ってみたかったんですけどね。
箕面ビールさんのところに行けただけでも満足です。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、11位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。


[PR]
by moribeer | 2007-12-07 14:02 | 日本産
日本で飲んだビール、その1
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

日が経つと面倒くさくなって、更新しなくなる気がするので、今のうちに日本で飲んだビールの更新を。

b0081504_12503766.jpg

って、のっけから違う写真です・・・。

これは、帰国の飛行機で乗り継ぎのサンフランシスコの空港で飲んだ、朝ビール。
サンフランシスコのアンカースチーム
国際線のゲートにそそくさと移動せずに、国内線のターミナルでうろちょろしておけば、瓶じゃなくて、タップのアンカーが飲めたのに・・・・後悔。
でも、人気の少ない空港で一杯やるのは、それなりに非日常的で楽しかったです。


日本に帰国すると、お互いの実家を回るのでどうしても長距離の移動が多いです。
空港リムジンバスは特に2、3時間も乗っていなければならず、普通は退屈、苦痛なはずですが、僕はいつも車内にビールとおつまみを持って入り、一杯やるんですねー。
これが、楽しく、美味しい!
車内で僕と同じようなことをしている人は、ほとんど見かけません。
なんでみんなしないのかなー?こんなに楽しいのに。
なにか間違ってますか?僕は。

日本に帰ってまず買ったのは、KIRINのとれたてホップと、スパークリングホップ
とれたてホップは去年も出ていましたよね。こだれでらさんの住む、岩手県産の穫れたてホップを使っているんですよねー。
写真は撮っていません。バスの中でビールを飲んでいるだけでも奇特なのに、その上、写真撮影までしちゃうとねー。
無事に目的地に到着するためにも、自粛しました。

うまかったですよ、穫れたてホップ、こださん。
インペリアルピルスナーかよ?ってぐらい大量に入れてほしいですどね、本音は。

買うときにラベルをしっかり見なかったせいで、気づかなかったんですが、スパークリングホップってやつは、第三のビールってやつでした。
なんか普通に飲めてしまったんですが、味に厳しいモリビルさん(誰がそんなことを言ったのかは内緒です)はどこへ?
ラベルのキャッチーさで思わず手に取っていました。あっぱれKIRINさん。



ビール巡りの旅(←違う)、はじめは四国。

いつも飲む「さぬきビール」スーパーアルト、今回も一杯飲みました。
しっかりボディ、甘めの味がなんともたまらなく好きなんですよ。
これからも頼みますよ、さぬきビールさん。

で、写真は撮り忘れ・・・・。



b0081504_12521785.jpg

普段みないような色のYEBISUがあったので、チャレンジ。

THE HOPの方は、うーん、普通にウマい。
の方は、結構好きでした。6本パックで買ってみたりもして。
琥珀エビス、ってやつも飲んだんですが、写真なし。
エビスは、ボディがしっかりしていておいしいですね。
若い頃、風呂上がりに飲んだら喉がモタモタして、拒否反応を示したのを覚えていますが、今なら多分いける。


ビール巡りの旅(←だから、違うって)、次の場所は大阪。

最近おいしいと評判の「箕面ビール」を、是非飲みたい!ということで、行ってきました。

BEER BELLYという箕面ビール直営のパブです。

b0081504_12524736.jpg



夕食もここで、と期待して店の前に立ったものの、肉を食べないうちの夫婦ではおそらく無理っぽそうな雰囲気。

近くにあった居酒屋さんに飛び込む。
飛び込みだったけど、すごくいい雰囲気のお店で、一品料理をたくさん頼み、日本酒まで飲んじゃいました。今回の帰国で日本酒飲んだのはこれきりだったけど、すっきり甘くておいしかったなー。
「居酒屋で一品料理をひたすら頼みまくる」という、日本でやりたかったことの一つを達成。やた!


その達成感のあと、行ったのがこのBEER BELLY。
お客さんが1、2人。みな顔見知りのよう。
本当は色々ビールのこととかお店の人と話したかったのですが、シャイな性格(?)が邪魔をして、ひたすらビールを飲んでいました。

頼んだのはハンドポンプの箕面ビールのダブルIPAと、おなじくハンドポンプのよなよなリアルエール

ダブルIPA、噂に違わぬ、おいしいビールでした。
こんだけ個性のあるビール、日本で飲めるとは思わなかった。
ホップもばりばり、アルコールもバリバリ。
いいねー。

よなよなリアルエールは、不思議な香りがしました。未体験ゾーン。
テイスティングノート書いていないので、思い出せません。

箕面ビールおいしいなー。また、機会があれば飲みたいなー、と思っていたら、むちゃくちゃ近い将来に実現しちゃいました。その話はまた今度。



みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、13位まで上昇しましたー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。


[PR]
by moribeer | 2007-12-04 12:53 | 日本産
和食に合うのは、やっぱり・・・・。
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?



楽しかった週末も終わろうとしています。

昨日は約二ヶ月ぶりに酒飲み友達と対面。
およばれして、おいしい食事をいただき、楽しくビールを飲みました。
ありがとう!
残念ながら飲んだビール達の写真はなしです・・・。


今日の夕食はサバの塩焼き。
そうなると、合わせるのはこれでしょう。

b0081504_11464268.jpg[ビール名] Fish Tale Monkfish Belgian-Style Triple
[原産地]アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス(ほんと、ほんと)
[ブリューワリー] Kirin Brewery of America LLC
[アルコール度数] 4.95%
[量] 22oz (650ml)
[スタイル] Japanese Rice Lager



日本食には一番搾り。
そんなこと言ったら、ほぼ毎日和食なので一番搾りしか飲めないことになってしまいますが・・・。

今、記事を書くにあたって、少し調べてみたところ、アメリカで手に入るキリンビールはどうもロサンゼルスにある、Anheuser-Busch(バドワイザー)で作っているらしいです。
へー、そうなんだ。

もう一つ感心させられたのは、このビールのスタイル。Beer Advocateで調べたら、ピルスナーとか、ラガーとかじゃなく、"Japanese Rice Lager"ってなっていました。
たしかにね、原料に米を使ってるもんね。


色を愛でましょう。
ゴールデンだねー。クリアーだねー。
泡も白いねー。
これぞ日本のビール。

さて、どんなお味が。
おお、柔らかい。これぞ日本のビール(しつこい)。

サバに合うねー。

ユタでお寿司を頂いたときにも思ったのですが、やはり日本のビールは日本の食べ物に合うように出来ていますね。お見事。
日本のビールをたまに飲むと、はっとします。
しかし、こればっかりでは飽きる気もします。あれこれ飲みたいよね。


今日のビールは、お盆の間にお供えしていたのをお義父さんからもらったのでした。
お義父さーん、おいしかったよー。



みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、5位ですー!
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-08-27 12:57 | 日本産
噂の、黒糖スイートスタウト
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

記事をアップしようとSafariを開いたら、エキサイトのホームページに「デザート感覚のスイーツビール」という記事。
開いてみると苦いビールが苦手な人、甘いスイーツビールはいかが?というタイトルで、サンクトガーレンの黒糖スイートスタウトの試飲記事でした。

kanappyのこの記事や、blogpeopleのトラックバックで見つけた、現場でのこんな記事を読んでいたので、なんだか話題なんだな−、と感心。

記事のレポートに、キンキンに冷えた状態と、ぬるめになったころの味の比較が記載されていて、興味深かった。

バレンタインに発売した「インペリアルチョコレートスタウト」のヒットがきっかけで、開発したビールということらしい。

ちょっとキワモノ的に取り上げられているのが、気になるところではあるけれど、贈答用だけでなく自分で楽しむように買っていた人も多かった(チョコレートスタウト)とのことなので、じわじわといろんなスタイルのビールを楽しむ人口が増えるといいなー、と思ったことでした。


地ビールって、日本ではどんな扱いかはよくわからないのですが、興味はあるけど、どこのが美味しいのかわからない、なーんて人には、

地ビール共同購入サイト、ビアフェスタさん(サイトは↓)


なんかで、自宅でおいしいビールを飲む楽しみを知ってほしいなー、などと思ってもみたり。


それではみなさん、よいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-05-07 14:04 | 日本産
川本幸民さんに想いを馳せてクラシックエールを飲む
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

お正月気分も早くも終了、2日から働いてきました(涙)。
でも、世の中そんな人も多いはず、みなさんがんばりましたね、今日も。


昼食はこんなでした。職場から家が近いので昼休みに戻って、作りました。

b0081504_16211051.jpgたーらこー、たーらこー♪

Jちゃんからいただいた、たらこスパの素を早速使ってみました。
彩りにネギを。お、なかなかいいじゃないですか。
キューピーさんの商品パッケージの写真に使えるんじゃ?!<--言い過ぎです。

あっさりとして、とても美味しゅうございました。日本の味、といった感じですね。



夕飯はこんなでした。

b0081504_16245329.jpg鍋焼きうどん。

寒かったんです、今日も。あったまりましょう。




そして、夕方いったスーパーで見つけて、思わず買ってしまったこちら。

b0081504_16264575.jpgパルメザン、ロースティッドガーリック、オリーブオイルのフライドポテト。

冷凍食品なんですが、なかなか見た目もよく、味もよかったです。

トランスファット不使用という表示をみて、「ファーストフードのフライじゃないし、きっと大丈夫」と、無理矢理自分を安心させて買いました(笑)。

久しぶりに食べた厚切りのフライドポテトは、赤いスキン付きでとてもおいしかったです。


前振りがながくなってしまいましたが、今日のビールはこちら。

b0081504_16322772.jpgビール名:クラシックエール
原産地:日本茨城県那珂市
ブリューワリー:木内酒造
アルコール度数 7%
量 : 11.2oz (330ml)
スタイル:IPA

これも、昨日のStone 10th Anniversary IPAと同じときに、マイケルさんに勧められてポートランドで購入しました。

さあ、どんなビールでしょう。わくわく。
まず、外観はライトブラウン。澱がくるくるとグラスの中で踊っています。

味はどうでしょう。飲んでみます。ん、これはなにか果物の匂い、味ですね。なんだろう。うーん、考える。柑橘系。僕の中で一番近いのは夏みかんの香りだと思いました。
ボディはそれほど重くなく、ミディアムくらいでしょうか。
杉の樽で寝かせたエールと聞いていたので、もっと酸味を想像していたのですが、それほど酸味は強くない。なんとなく甘酸っぱいくらいです。
繊細な感じのするエールですね。
実は、鍋焼きうどんのだしを味見したときに、舌を少しやけどしてしまって、そのせいもあり微妙な味や感覚はちょっと・・・・。
でも、このあとにのんだDeschutesのJubealeはしっかりホップの味も分かったので、やはりこのエールはそれほど突出した味の主張のない、バランスのよいエールということなのでしょう。

ちなみに、「クラシック・エール」という名前の由来は、カコログのあめさんの記事に追記されたコメントによると、

このビールは2001年から米国に輸出されているそうですが、「クラシックエール」という名前の意図するところは「Japanese Classic Ale」、つまり「日本の古典的な上面発酵ビール」なんだとか。
19世紀にペリーが浦賀に来港した折、ひとりの蘭学者が船上で振る舞われたビールに深い感銘を覚えました。彼の名前は川本幸民。のちに独力で文献を調べ、自宅で日本初といわれるビールを作り上げた人です。
この「クラシックエール」は、川本幸民が作ったという日本初のビールをイメージした製品。使われた樽は日本酒用の杉の木桶だったのではないか、ビアスタイルは当時米国で主流だったIPAだったのではないか——そんな思いをはせて、出来上がったんだそうです。


ということです。ロマンがありますね。
僕も川本幸民さんくらい気合いを入れてビールを作ってみたいものです。


みなさんの応援のおかげで、にほんブログ村酒ブログ部門で、現在1位です。
ありがとうございます。励みになっております。
今日もにほんブログ村 酒ブログへクリックで応援お願いします。

それでは、みなさんよいビールを。
[PR]
by moribeer | 2007-01-03 16:56 | 日本産
有名な常陸野ネスト ホワイトエール
みなさん、こんばんは。モリビルです。

水曜日、僕の2杯目のビールはこちら。
b0081504_1583092.jpg
常陸野ネスト ホワイトエール

原産地 日本
アルコール度数  5%
量 11.2oz

でました。あちこちで有名になっているこのビール。
アメリカで行われるビールコンペティションでもたくさん賞をとっています。

ちょっとたくさんビールを専門的においている店、もしくは大きなアジア系のスーパー(宇和島屋、MITSUWA、NIJIYAなど)にいけば、アメリカでも手に入ります。

一瓶4ドル以上するので、ちょっと弱気になって今まで呑んだ事がなかったんですよね。

まずは、外観の観察。
綺麗な橙色をしています。濁っているし、底の方には未濾過の酵母も沈んで見える。
匂ってみる。普通のエールとは違う、独特のスパイシーな匂いがします。期待大。
呑んでみましょう。ごくり、とな。
ん?すっきり呑みやすい。Coors の Bluemoonのような生臭さはありません。
おお、これが常陸野ネストの味なのかー。

バランスがいい感じですよね・・・と、思ったのだけれど、なんだろう、この違和感は??

見た目も香りもいい。クセもなく、呑みやすい。
でも、なんかー、、、ちょっと主張が足りない?物足りない??

僕なんかが文句言ったら常陸野ネストのファンの人に怒られるのでしょうが、今日の僕にはなんだか、少し味気ないかんじでした。

Bluemoonでベルジアンホワイトエールの苦手意識を植え付けられ、なんとかそれを楽しみたい、と、この何ヶ月か、おそるおそるホワイトエールをあちこち試して、ようやく最近オレンジピール、コリアンダーの香りに慣れてきて、美味しいと思えてきたころだったんです。
そこに、このエールは、上品すぎたのかなー?

味は決して悪くないんですよー。でも、ホワイトエールの個性がもう少し欲しいような。
嫌いだと言ったり、物足りないといったり、僕にとってホワイトエールは難しいです。

ビールの保存状態がひょっとしてあまりよくなかったのかもしれないし、またビール専門店で買ってみたら味が違うかも。
また、機会をみて再挑戦です。
[PR]
by moribeer | 2006-08-25 15:25 | 日本産
バケーション明け その3 常陸野ネスト セレブレーションエール
みなさん、こんばんは。モリビルです。

月曜の夜から調子こいてたくさん呑んでます。

3杯目はこちら。
b0081504_15184040.jpg
常陸野ネスト 2006 セレブレーションエール

原産地 日本
アルコール度数  9%
量 330ml

初めて呑みます。常陸野ネスト。
アメリカでも売っているんです。このビール。
一瓶4ドル以上するので、ちょっと弱気になって買いそびれていたのですが、シアトルのBottleworksというお店で、藤原ヒロユキさんのイラストを見て思わず購入。

外観は濁っています。

呑んでみる。
うーん、なんだかすごく独特な香り。スパイシーだぞ。
怒られるかもしれないけど、子供の頃に駄菓子屋でかったブドウ味の粉ジュースの香りに似ている。ごめんなさい、ブリューワーの人とファンの人たち。

アルコール度数は9%と高めなので、ちみちみといただく。

スパイシーな香りのビールは、まだ守備範囲にないかも・・・・。あまり楽しめませんでした。
ホワイトエールも買ってあるので、そちらに期待!!
[PR]
by moribeer | 2006-08-23 15:25 | 日本産