モリビール7はインペリアルスタウト
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

昨日突然報告しましたモリビール7の仕込みの詳細です。

まず、なぜこんな突然に仕込みを始めたかの理由。
来月の末に、僕の住む町のホームブリューワーが集まって「オクトーバーフェスト」パーティーをしよう、という企画があるらしいという情報を入手。

ほんじゃー、いっちょう何か仕込んでもって行こうじゃない(←まだ招待されたわけでもないくせに)
えー、9月末ってもう一ヶ月しか無いじゃん。
今週末を待ってたらちょっと時間的にかつかつだなー。

と、悩んでいたところに愛の救世主が。
妻ちゃんの発案で、会社の昼休みに使う材料をFAXで発注して、その日の夕方に妻ちゃんがKCのお店に買いに行く、という作戦にでました。
FAXで発注って、業者か?僕は。


材料も全部在庫があったらしく、うまいこと揃いました。すごいぞKCの店。
ありがとう、妻ちゃん。


今回のモリビール7は"Bert Grant's Planet Imperial Stout"を作ります。
これは、チャーリー・パパジアンさんの書いた本、Microbrewed Adventuresの中に載っているレシピ。

ワシントン州のYakima Brewing(今は閉まってしまったらしいですが)、のBert Grantさんが1984年のGreat American Beer Festivalで出品した、当時としては画期的なビールです。
これを機に、むちゃくちゃホッピーな"American Style Russian imperial stout"という新しいスタイルができた、ということらしいです。(上記より引用)

まだ全部読んでいないんですが、上記の本はアメリカのマイクロブリューの黎明期の話がビールのレシピと一緒にたくさん収録されており、読み応えのある、そしてビール作るぞーという気にさせられる危険な本です(笑)。


このレシピによる目標は、
初期比重は1.076
最終比重は1.016
IBUは59
色は67SRM(この指標はまだよくわかんないな)
アルコール度数は8.0%です。

今回初めて色の濃いビールに挑戦します。
スタウトも作ったことないのに、いきなりインペリアルスタウトから作ります。
いいのか、こんなんで。  いいんです。

さて、どうなることやら。

b0081504_12131544.jpgまずはスティーピング用のモルト。
左からクリスタルモルト、ブラックモルト、ロースティッドバーレイです。



b0081504_12134060.jpgそして、モルトエキストラクト。
初期比重を高くするために9パウンド(4kg)も使います。
色を濃くするため、ダークモルト。




b0081504_12135753.jpgそしてホップ。全部の量は使いませんでしたが、3種類のホップ。
Northen Brewers, Galena, そしてCascade。


b0081504_12141466.jpgこれも今回初めて使います。
アイリッシュモス。




モリビールにみなさんの「気」を送るべく、今日もひとつポチッといっといてやってください。
美味しいビールに育つことうけあいです。にほんブログ村 酒ブログへ





こんな感じで仕込みました(長いです)

b0081504_1214328.jpgまずはスティーピング用のモルトの計量。



b0081504_1215183.jpg70℃のお湯に30分モルトをつけます。
糖分や色がお湯に溶け出ます。
これがスティーピング。



b0081504_12151696.jpgこんな色になりました。濃いなあ。
取り出したスティーピング用のモルトは別の容器でお湯を使ってさらに溶かし出します。
そして元の鍋に混ぜ合わせる。



b0081504_12153314.jpg鍋の火を全開にして、そしてモルトエキストラクトを投入。
でろーん。

全体の煮込み時間は60分です。
その間に用具の消毒などを並行してやっておく必要があります。



b0081504_12154921.jpgもうひとつおまけに、でろーん。



b0081504_1216635.jpg60分煮詰める用のホップ(Cascade, Galena, Northern Brewing)を投入。



b0081504_12162438.jpg沸き立つウォート。へび花火のようです。こわいよう。



b0081504_12165069.jpg30分後にはさらにカスケードホップを。



b0081504_1217826.jpg残り10分のところでアイリッシュモスを加えます。
苔だと思うのですが、ひとくち食べてみたところ、乾燥わかめの味がしました。おにぎりの具によいのではないかと思いました。



b0081504_12173679.jpg残り1分でカスケードホップをアロマ用に足し、イマージョンチラー(銅管)を使ってウォートを冷します。




b0081504_12175399.jpg21℃まで冷えたら、雑菌が繁殖しないうちに、素早くサイフォンでカーボイ(消毒済み)に移動。
黒いねー、いいねー。



b0081504_1218919.jpg初期比重を計ってみたところ、レシピ通り1.076になっていました。
やったー。




そして、アイリッシュイーストを加え、金魚ポンプ(消毒済み)で空気をカーボイにぶくぶくと入れます。(エアレーション)
イーストは初めの1日くらいは好気性なのです。


およそ24時間たった今日の晩に様子を覗いてみましたが、小さな泡が時折浮かんでくるだけで、まだ本格的に発酵が始まっている感じではありませんでした。

エアレーションが足りなかったんでしょうか?
でも、金魚ポンプの勢いが強くて中から泡がたくさんあふれていたので、1時間半くらいでとめたんです。
ま、いいよね、ゆっくりでも発酵始まっているみたいだから。

さー、これからが楽しみです。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、4位ですー!すごいすごいー。
更新の励みになってます。
モリビールにみなさんの「気」を送るべく、今日もひとつポチッといっといてやってください。
美味しいビールに育つことうけあいです。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-08-29 12:27 | ビール作り
<< モリビール7、順調です。 突然ですが、モリビール7 >>