オレゴンブリューワーズフェスティバル その1
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビールにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ、飲んでますか?

オレゴンビール旅の続きです。

旅の目的の30%くらいを占める「第二十回Oregon Brewers Festival」の模様です。

僕にとって今年で4年連続、4回目のこのイベント。
毎年「行こうかな〜、どうしようかな〜。」と悩みながら、結局行っちゃうんです。

7月の最終週末の木曜日から日曜日まで4日間に渡って催されます。
過去何回かのイベントで学んだこと。

・夕方から会場が閉まるまではとても混む。入場、ビールサンプルの列が長い。
・開催日程の後半になると、プログラムに載っているビールは出払ってしまう。
・ビールの引き換えのトークン(木の硬貨)は次の年も使える。
・何時間もビールばかりを飲むと、非常に疲れる。
・全ブリューワリーを制覇しようというのは、やめた方がいい。

これらを生かした、今年の方針はこんなです。
・空いていて、ビールもたくさん残っている木曜日の開場直後に行こう!
・厳選したブリューワリーのビールを、2、3時間だけ楽しもう!


まずはStoneから!
一年に一回しかリリースされない"vertical Epic"シリーズから2007年版を持ってきていました。店頭には2007/07/07に並びます。
太っ腹だ。
b0081504_12552513.jpg[Brewery] Stone
[Name] 07/07/07 Vertical Epic
[style]Saison
[OG] 1.078
[FG] 1.012
[ABV] 8.9%
[IBUs] 25
[Color] Golden

アルコールがガツーンと強い。香りがなんともよい。しょっぱなから幸せ。
ヘビーだし、スイートだし、こんなの毎日飲んでいたいです。

ちなみにトークンが2枚必要です。
普通は1枚。





次は、今年初めて参加じゃないかな?という、ニューヨークのオメギャング。

b0081504_12555479.jpg[Brewery] Ommegang
[Name] Hennepin Farmhouse Saison
[style]Saison
[OG]
[FG]
[ABV] 7.7%
[IBUs] 20
[Color] Golden

またまたセゾンスタイル。
むっちゃ冷えていました。さわやかで、ジュースみたいです。
ベルギーの昔の農民が作業中にお茶代わりに飲んだといわれるセゾン。
こんなのクーッといったら、おっしゃもうひと頑張りするでー、と元気がでそう。
うそです。気持ちよくて座り込んでしまいそうです。結構アルコール度数高いしね。




次は妻ちゃんのお勧めリストに載っていた、ピニョーのワインの樽で寝かせたと言う珍しいこのビール。
b0081504_12562267.jpg[Brewery] Golden Valley
[Name] Red Thistle Quercus
[style] Pinot oak barrel aged red/ESB
[OG] 1.055
[FG] 1.010
[ABV] 5.8%
[IBUs] 38
[Color] red

おお。赤い。ワインの樽からか?(違います)
これはワインの渋みがしっかりとビールに入っていました。タンニンというやつですね。
奥行きのある味だなー、と思いました。


b0081504_1254548.jpg
ここ(Golden Valley)のビールを注いでくれたボランティアのお姉さん。
僕がカメラを向けてビールを撮っていたら、
「あなたはプレス?何か記事でも書くの?」
と聞かれたので、
「ビールレポートのブログを写真付きで書いているのだ」
と、websiteのアドレスを教えておきました。
文章は日本語だけど・・・・(汗)
ブログにロボット翻訳ボタンでも設置できないかなー。


ということで、今日のビアフェスレポートはここまでです。また続きます。

みなさんのクリック応援のおかげで、にほんブログ村 酒ブログへ人気ランキング、7位ですー!やったー。
更新の励みになってます。ほんとです。なので、今日もひとつポチッといっといてやってください。

それではみなさんよいにほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へを。
[PR]
by moribeer | 2007-07-26 12:00 | 遠征・ビアフェス
<< オレゴンブリューワーズフェステ... オレゴン州フッドリバーから・・・ >>