「ほっ」と。キャンペーン
バーレーワイン 3種 飲み比べ
b0081504_1415840.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?
(はーい)
いいお返事です。

さて、今日はバーレーワイン特集、3種類。別々の日に飲んでいます。さすがにこれだけ連続は無理です。

ビール名:Dick's Barley wine ale
原産地:アメリカ合衆国 ワシントン州 セントラリア
ブリューワリー:Dick's brewing
アルコール度数  9.9%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン






まずはお気に入りのDick'sです。
以前、バラエティーパックが素晴らしい、としつこく褒めたブリューワリーです。
12本入で12種類ってすごいと思いません?(いまだにしつこい)
ここのビール、どれも苦めでおすすめです。

このバーレーワインはバラエティーパックには入っていませんでした。別途酒屋さんかスーパーで買ったものです。

外観はアンバー〜ブラウン。泡は茶色。
香りがいいです。とてもいいです。
バーレーワイン独特の苦甘い匂い。

飲んでみる。
炭酸は極めて弱いです。
そして、なによりやっぱり麦汁の甘い味わい。
これですよねーバーレーワインの楽しみは。
9.9%の高アルコール度数も、いい感じ。


みなさん、バーレーワインを飲む機会があれば、温度に注意してください。
キンキンに冷やすのではなく、冷蔵庫に入れていたら、飲む1時間前に出して温度を上げる、室温で保管していたのであれば、冷蔵庫で1時間くらい冷やす、というのが美味しくいただける適温だと思います。冷えすぎると、せっかくの甘みがよくわからなくなります。もし冷えすぎていたら、ゆっくり飲んで温度を上げましょう。だんだん甘みが増していくのが感じられますよ。
グラスは、先のすぼまった形のものが、匂いを味わうのに適していると思います。ワイングラスがあれば、それでもOK。


次いきます。

b0081504_1423856.jpgビール名:Rogue XS Old Crustacean Barleywine
原産地:アメリカ合衆国 オレゴン州 ニューポート
ブリューワリー:Rogue Beer
アルコール度数  11.5%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2004年


次はROGUEのバーレーワインです。
シアトルのBottleworksで購入。2004年のものです。
ここのお店で売っていたバーレーワインは、その年のものだけでなく、過去5年分くらいのバーレーワインがありました。すごかったよ。


普通のビールは鮮度が命なんですが、バーレーワインは数年置いた方がおいしく熟成されるらしいですよ。いつもすぐ飲んじゃうんで、あまり試した事ないんですが!

マイケルさんに勧められて買った、Hair of the dogの一升瓶サイズのバーレーワイン。昨日買った冷蔵庫にさっそく保管しました。数年後、なにかお祝い事の時に開封したいと思います。


さて、このビール。
外観はとても綺麗なアンバー色。この色みると、ウキウキ、ワクワクです。
匂いは、やはりバーレーワイン特有の甘い感じ。
口に含む。
なんか、匂いに反して、意外に苦い。苦みが舌にピリピリと刺激。
これが、2年の熟成のあらわれなんでしょうか?



最後はユタのこのビール。

b0081504_1425836.jpgビール名:12th Anniversary Barleywine
原産地:ユタ州 ソルトレイクシティー
ブリューワリー:Uinta Brewing
アルコール度数  10.4%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : バーレーワイン
ボトリング: 2005年


ユタ州、と聞くと、皆さん何を思い浮かべますか??
ケントデリカットさん?
それもそうなんですが、やっぱりモルモン教でしょう。



モルモン教といえば、禁アルコール、禁カフェイン。
そういう背景から、ユタ州ではアルコールに関する法律が他の州に比べて厳しいらしいです。
酒屋や、バーなんかで売られるビールのアルコール度数の上限は、なんと3.2%!!
ライトビールじゃないですか!そんなの。

だがしかし!なぜにこのブリューワリーはバーレーワインを作れるのか??
10.4%ですよ。大幅にオーバーしてるし。4倍以上。あれ、3倍以上。計算できませんでした。
不思議です。他の州で販売する分には、お咎めなし??

ここのブリューワリー、Great American Beer Festivalなんかでも毎年受賞するくらい、美味しいビールを作っているんです。地元の人はちゃんと楽しめているんだろうか??疑問です。
ユタ州在住の人、教えてください!

さて、どんなビールでしょう。
外観はやはりブラウン〜アンバーの赤黒い色。いい色出してます。
匂いはモルトの匂いが強い、甘めの匂い。
飲んでみると、
これは意外に甘過ぎず、飲みやすい。
甘いバーレーワインが飲みにくいかというと、そういうわけではなのですが、ボディーが他のバーレーワインに比べると軽め、初めてバーレーワインを飲むなら、抵抗なく飲めるのでは?ということです。

シーズナルのウィンターエールなんかも、甘いビール入門にはいいですよ。
(私信)Jちゃん、こないだ旦那さんと一緒に買いだしにいったDeshutesのウィンターエール、おいしいく飲めたなら、次はこのビールはどうでしょう??生協で売ってるよ。(/私信)


寒くなってきた今日この頃、高アルコール度数でぬるめのバーレーワイン、ウィンターエールなどでビールを楽しみましょう。


今日も長いレポートを読んでいただき、ありがとうございました。
お帰りの際は、→にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へをクリックしていただけると、うれしいです。
明日の更新の活力になっています。

それでは、みなさん、おやすみなさい。
良いビールを。
[PR]
by moribeer | 2006-10-20 15:11 | アメリカ産
<< 麺マニア 塩焼きそば/スパゲテ... ビール専用冷蔵庫を買った! >>