「ほっ」と。キャンペーン
濃いーの2つ 120min IPA/GONZO
b0081504_1328120.jpgみなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、飲んでますか?
はい、よい返事です。
いつもクリック応援ありがとうございます。おかげで、
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へビールジャンル1位、
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へアメリカ情報7位です。

さて、タイトルにもありますが、今日は”濃いーの”2連発です。


冒頭のビール

ビール名:Dogfish Head 120 minutes IPA
原産地:アメリカ合衆国 デラウェア州ミルトン
ブリューワリー: Dogfish Head Brewing
アルコール度数  20%
IBUs : 120
量 : 12oz (355ml)
スタイル : インペリアルIPA

いやー、なにがびっくりって、アルコール度数。
20%です。冗談じゃなくて。
瓶に貼ってあるシールに書いてます。20%って。
それから、IBU(苦さ度合い)。120です。お化けです。
50を超えたら「苦っ!」と感じる程度。75なんかで、「むっちゃ苦ーっ!」です。
こんな120なんていうIBUの表記は未だかつて見た事がありません。

どんなビールなんでしょう??
というか、ビールのカテゴリーに入るんでしょうか?

まず、外観は・・・。
うーん、いたって普通のIPAの色に見えますがねー。
明るいブラウン〜アンバー。色もクリアーだし。

鼻を近づけてみます。
ん〜、甘い香り。これはバーレーワインのような香りです。

飲んでみます。
うわっ、甘っ。麦汁ジュースですね。
しかし、嫌いではありません。むしろ好き。
好みははっきりと分かれるでしょうね、これは。
ちなみに妻ちゃんはダメだと言っていました。彼女は苦いビール専門。

アルコール、思いっきり感じます。
ちびちびしか飲めません。
グビグビいくもんじゃないです、こんなお化けビール。
味あわなきゃ。
飲む度にアルコールで胸が熱くなる(やっと飲めた、という感動もあります)
これ一本で、5%のビール4本分。
効率よく酔えます。そういう問題でもないと思いますが。

しかーし!!
IBU 120はどこにいった???
苦み、感じないんですが、僕の舌おかしいでしょうか。
極度の甘みのため、これくらい苦くして丁度バランスがいいんでしょうかね。

アルコール度数の高いバーレーワイン、といいうのが、僕のこのビールに関する印象でした。

年に3回しか発売されないらしく、値段も1本で9ドル(1000円)くらいします。
アメリカのクラフトビールで、ここまで高いのは、それほどありません。
希少品。

近日中にBAR SAL'sのマイケルさんがここのブリューワリーを訪れたときの模様を更新することだと思います。




続いていってみよう。
別の日に飲んだ、これまた濃いビール。

b0081504_13282910.jpgビール名:GONZO Imperial Porter
原産地:アメリカ合衆国 コロラド州デンバー
ブリューワリー: Flying Dog Brewing
アルコール度数  9.5%
量 : 12oz (355ml)
スタイル : インペリアルポーター



出た、真っ黒なインペリアルポーター。
本当に真っ黒です。
グラスを蛍光灯に透かしてみても、光が通りません。

飲んでみる。
インペリアルポーターというスタイルから想像していたよりは酸っぱくない。
酸っぱいのが多いんです。インペリアルポーター/シュタウト。
しっかりフルボディ。喉に張り付く。
香ばしいローストの香り。麦茶か??というような香ばしさ。
こんな濃い麦茶、あったらビックリしますけどね。

これも、あまりグビグビ飲める、というタイプじゃないですね。
じっくり味わいながら、チビチビと。
ちょっと温度が上がったくらいがおいしいです。
いやー、おいしいよ。これ。

さて、ラベルの話を。
このブリューワリーのビールは、どれも過激なデザインのラベルに目が釘付け。
GONZOの場合、頭だけガイコツで、"OK! Let's Party"と、台詞のフキダシ。
体は裸だし、右手には何やら細長いものを持っています。
僕はてっきりヘロインなどの注射をもって、ドラッグパーティーをしよう、という意味だと思っていたのですが、よくよく見てみると、どうもタバコにフィルターが装着してあるような絵に見えます。

「GONZO」って誰よ?日本人??「権三」さん?と思い、少し調べました。
ブリューワリーのウェブサイトによると、どうも死んでしまったHunter S. Thompson (Dr. Gonzo)というジャーナリストに対するトリビュートのビールだということです。

このラベルも彼を表しているようです。
こんな感じのひとだったらしい。ソースはこちら


ビールを作るのは人ですからね。こんな思いがあるビールがあってもいいと思います。
ちなみにこのGONZOポーターの売り上げの一部はこのGONZOさんの追悼記念基金に寄付されるとのこと。僕も寄付したことになっているんですね。

長いレポートを最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
お帰りの際は、→にほんブログ村 酒ブログへをクリックお願いします。
酒好きさん達が集っております。
[PR]
by moribeer | 2006-10-13 14:47 | アメリカ産
<< ビアーバッタードFISH & ... メイン州ポートランドのAlla... >>