Dogfishhead Chicory Stout
みなさん、こんばんは。モリビルです。

最近飲んだ変わり種シュタウトの紹介。

b0081504_11192892.jpgChicory Stout
原産地 アメリカ デラウェア州 ミルトン
ブリューワリー Dogfish Head brewing
アルコール度数  5.2%
量 12 oz
スタイル シュタウト

デラウェア州にある、変わった人のための、変わったビール(off-centered stuff for off-centered perople)をつくっているブリューワリーです。

もうすぐ、マイケルさんが取材に行くといっていました。次に発行されるThe Beer & Pubに載るのでしょう。
みなさんは、Beer&Pub、読んだ事ありますか??僕はもちろん読んだ事ないのですが、興味深い雑誌です。



さて、チコリーシュタウトです。
まず、チコリーとはなんぞや??

こんな感じの野菜らしいです。
これなら見た事あるし、食べた事もあるぞ。


しかし、このビールに使われているのは葉っぱのほうではなく、根っこの方。
根っこを煎じて、お茶やコーヒーのように飲むらしいです。
僕は知りませんでしたが、みなさんは知っていましたか?


このビールにはそんなチコリーの他に、メキシカンコーヒー豆も入っているらしいです。
いろいろ入っているなー。

外観は赤黒いです。泡も茶色。
飲んでみると、とてもスムーズ。炭酸もごく弱め。
モルトの甘みも抑えめで、後味にはコーヒー豆の香りが残る。
なんとも上品な感じです。
すごい奇妙な味を想像していたのですが、いい意味で期待を裏切られました。
チコリーの香りは??
コーヒー豆の香りと似ているんでしょうか、よくわかりませんでした。
[PR]
by moribeer | 2006-09-15 11:30 | アメリカ産
<< 悪魔に魅せられて・・・Ston... 煙は去った! 飲んだくれの水曜日 >>