旅先でのブリューワリー、その1 Sun Valley Brewing
みなさん、こんばんは。モリビルです。
旅行から帰ってきました。ただいま。

ビール、呑んでますか?僕は今日も呑みましたし、旅先でもしっかり呑んできました。

3連休だったので、自動車で2時間ほどで行けるスキーリゾート地、Ketchum(ケッチャム)に遊びにいってきました。

下調べによると、この近辺には2軒のブリューワリーがあるらしい。

一軒目はHaily(ヘイリー)にある、Sun Valley Brewing

Tap で呑んだのはこちら。
b0081504_12564223.jpg
* White Cloudy Ale





真っ昼間から、呑みます(基本)。
メニューがあまり豊富じゃなさそうだったので、食べ物なし。ひたすら呑む。
このエール、まあ、普通にアロマの香りがいいです。
空きっ腹にしみわたって、気持ちがいいです。

もう一杯IPAを呑んだのですが、写真を撮っていません。
こちらもホップの香りがよく、おいしかった。

b0081504_12593218.jpg
ブリューワリーパブの中はこんな雰囲気。
町の食堂のような感じ。孫を連れたおじいさんとか、近所のおばちゃんとか、一人で雑誌を読んでる兄ちゃんとか。


ブリューワリーを離れ、町中を散策。

b0081504_13143676.jpg
地元のスーパーで、ここのブリューワリーの瓶入りのビールを発見。
3種類あるなー。えーい、自分で3種類をミックスして6パックをつくっちゃえ。
すでに誰かが一本とった跡もあるし、いいだろう。(よくない?)


ホテルの部屋に戻って、再びビールを楽しむ。
あまり観光らしい観光もせず、部屋でのんびり過ごしました。
これぞ、何もしないで過ごす余暇の贅沢!!(というか、ただビールをたくさん飲みたいだけ)
3階の眺めがいい部屋でした。回りの山と一緒に撮影してみました。

b0081504_1312308.jpg
これが、一番のあたり。
Gretchen's Gold Lager
ラガーなんだけど、とても芳香な香りが、グラスに注いだ瞬間にあたりに立ちこめました。
最近、ラガーだからつまらない、エールだからおいしい、というわけではないことに(当たり前?)あらためて気づかされることが多いです。

絵に描かれているのがグレッチェンさん。誰やねん、と思って、解説を読むと、どうやらアメリカ人女性で初めてオリンピックのスキーで金メダルをとったグレッチェンさんにちなんでいるらしい。
彼女はこのケッチャム、サンバレーのあたりの住民だったそうです。
昔風のスキーリゾートポスターといった感じの、ナイスなラベル。



b0081504_13125047.jpg
こちらは、ブリューワリーパブでものんだ、White Cloudy Ale
まあ、可もなく不可もなくといった味わい。おいしいけどね。

b0081504_131388.jpg
これはブロンドピルスナー。
これはちょっと生臭くて苦手だった。
僕、サッポロ黒ラベルが時々苦手なんですが、そんな感じの生臭さ。
好きな人は好きなんだろうなー。僕はだめでした。一本残して、家に持って帰りました。
その他は完飲。

さーて、もう一つのブリューワリーも楽しみだなーっと。

記事を読んで、ビールを呑みたくなったら、ポチッと応援よろしくお願いします。
おかげさまで、現在11位です。
にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by moribeer | 2006-05-31 13:37 | アメリカ産
<< 旅先でのブリューワリー、その2... 香りのよい、Deschutes... >>