悪魔のビール
みなさん、こんばんは。モリビルです。
ビール、呑んでますか?今日は、僕も呑みました!!

このところ、夜に写真教室を受講していて、呑めなかったんですねー。

久しぶりに飲んだビールは、この、悪魔のビール。


b0081504_12574816.jpg
* Stone Brewing の Arrogant Bastard Ale

怖っ!!ラベルが鬼です、悪魔です。
強面の悪魔がビール片手に、こちらをにらんでいます。

アロガント・バスタード・エールというのは、「傲慢野郎エール」という意味です。
確かに傲慢そうな顔をしていますね。

ビールの王冠と、ラベルの下には"You're Not Worthy (お前は大したやつなんかじゃないぜ)"と挑発するような言葉。態度がでかいです。

この悪魔のビールを造っているのは、カリフォルニア、サンディエゴにあるStone Brewingです。
他のビールもみんな悪魔のデザイン。

スーパーなどで売っているのですが、サイズがまたでかい。1Pt 6oz (700mlくらい?)です。

つくづく思うのですが、アメリカのマイクロブリューワリーが作っているビールのラベルって、突拍子もない、過激なデザインのものが多いですよね。
日本じゃ多分あまり受けないんじゃないかな・・・・。

さて、きになる味の方は・・・・。

強面に似合わず、甘みが感じられます。
でも、ホップの苦みも強い主張があるなー。
後味は、アロマティックだぞ。
なんとも、色んな主張が交錯しているビールだ。
総体的には、「ウマい!!(相変わらず、語彙が少なくてすみません)」

キンキンに冷えていたときも、美味しかったけれど、食事をしながらだんだん温度が下がってきたときに、アロマティックな香りが強くなって、よりおいしく感じられた。
なんでも、冷やせばいいってもんじゃないねー。

学生時代、コンパなんかでぬるくなったビールをもったいないからと、強制的に飲まされていたときなんかは、ぬるいビールほどまずいものはないと思っていた。
けれど、上面発酵のビールはぬるくなっても、香りがいいので呑めるんです。
炭酸も弱いのが多いし、なんかですね、ビールの観念が変わりますよ。
皆さんもぜひ、試してください。エールと呼ばれるビールを。

なんか、うんちく垂れちゃいましたね。はずかしい。


記事を読んで、呑みたくなったら、ポチッと応援よろしくお願いします。
おかげさまで、現在4位です。
にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by moribeer | 2006-05-19 13:20 | アメリカ産
<< 女王様は漢方ビールがお好き? ブリッジポートのバーリーワイン >>