ピラミッド の ケルシュ
b0081504_13403914.jpg
* ピラミッド の ケルシュスタイル

アップしておいて、なんですが、このビール、イマイチです。あとで、コメントつけます。

みなさん、今日もビール飲んでますか。僕は呑んでます。これで4本目。

平日は、毎日継続的に飲むために、1日1本(350ml)のビールなのですが、今日はなぜだか、なぜだか夕食から宴会の雰囲気。

最初の2本は、この頃お気に入りの、シュパテン・オプティメーター。




b0081504_1413426.jpg
* シュパテン オプティメーター(12Oz=350ml)



つまみは(夕食やっちゅうねん!!)こんな感じ。



b0081504_13595651.jpg
* オードブル 手前は白カビチーズのフロマージュ・ダフィノア




今、食事は基本的にマクロビオティックなのだけれど、チーズはたまに食べている。


夕食後、皿をかたづけたあと、次々とつまみがやってくる。
鮭とば、さきいか、明石産タコ入りかまぼこ、明太いわし。ぜんぶ日本からのおみやげ。


酔っぱらってきてですね、あまりビールの味にこだわらなくなってきたところで、シフトしたのが、冒頭のピラミッド。

ドイツのケルシュスタイル、ということですが、どうも、あまり好みではない。

本当のおいしいケルシュを知らないから、理想と比べて、どこがどう悪いのかは説明できませんが、味わいが薄い。香りが薄い。なんか、マイクロブリューじゃない気がします。

ピラミッド・ブリューワリーはシアトルにあるブリューワリーです。マリナーズのセーフコフィールドのすぐ近くにあります。一回、ブリューワリーパブに行って、食事とビールをとったことがあるのですが、まあまあ、って感じでした。

このブリューワリーの冬季限定ビール、スノーキャップは、濃厚でおいしいのですが、その他のビールは、どれも中途半端な感じで、好きになれません。

いつも、このピラミッドから季節限定のビールが出るたびに、「今度こそは、好きな味かも??」と、チャレンジするのですが、当たったためしがない。僕にとっての鬼門です。
[PR]
by moribeer | 2006-04-20 14:25 | アメリカ産
<< ホールフーズ・マーケットで物色... 5月9日はゴクゴクの日! >>